FC2ブログ

@itan-journ@l praha

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『レヴェナント: 蘇えりし者』過酷な環境下でプリオ熱演、悲願のオスカー主演男優賞受賞!







一足先に本作を観た夫が「すごくいいから絶対に観て!」と何回も言って来るので、「超話題作なんだから言われなくても観るわい!そっかー、そんなにすごいのか、楽しみだな~」とウキウキしながら鑑賞しました。でも、途中で寝ました。・・・あれ・・・?妙~に変だな~?だっておかしいじゃない。アカデミー賞主要四部門でガッツリノミネートされてるのよ?去年「バードマン」で作品賞と監督賞を取ったイニャリトゥ監督の映画よ?でも・・・寝ちゃったんだからしょうがない(爆)。

クマになぶり殺されかけた瀕死の男がなんとか生き抜いて本懐を遂げる・・・というすごい話ではあるんですが「ぶっちゃけ、そこまでかな・・・?てかワシにはよくわからないのかも・・・」というキツネにつままれたような気分です。本作を観た翌日、困惑した表情の友人から「ねえaitantanmenさん、『レヴェナント』面白かった・・・?」と尋ねられました。友人もほぼほぼ私と同じ感想を抱いたようでした。面白いのが友人の旦那さんも本作を絶賛していたそうで、男受けが良い話なのかな~?と思いましたね。フロンティアの話だし、困難にあっても負けずに戦うってところが良いのかもしれません。



※ネタバレ第一段階(予告編程度)



「バードマン」ではNYの劇場を舞台に再起をかけるかつてのヒーロー役者と周囲の人のアレコレをお洒落に描いたイニャリトゥ監督(町山さんの「映画ムダ話」を聴いて認識を新たにしました)。今年も新作をぶっ込んで来たのがすごいですね。しかも再びめちゃくちゃノミネートされてますし。 今回はガラっと変わって開拓時代の北米、ワイルドなフロンティアを行く男達の映画ですよ。

1823年のアメリカ大陸。ヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は仲間達と一緒に狩猟中、クマに襲われて重傷を負います。仲間達に助けられて手当を受けたグラスですが、ひん死の状態になった彼は足手まといに。狩猟の隊長ヘンリー(ドナール・グリーソン)はグラスを殺すには忍びないので、彼が息絶えるまで側についていてやり、その後手厚く埋葬することにしました。その役割に志願したものはフィッツジェラルド(トム・ハーディー)と若手のジム(ウィル・ポールター)とグラスの息子ホーク(フォレスト・グッドラック)でした。他のメンバーはヘンリー隊長と一緒に先を急ぐことに。グラスと残された三人でしたが、フィッツジェラルドがグラスを殺そうとします。それに気付いた息子のホークと争いになり、ホークは殺害されてしまいます。グラスは重傷の為息子を助けることが出来ず、ただ見ていることしか出来ませんでした。フィッツジェラルドとジムはまだ生きているグラスを地中に埋めて、その場を去るのでした。

ひどいですね〜。トム・ハーディーはマッドマックスなのに!というか、やっぱり彼はこういうちょっとセコい悪役が似合ってる感じもします。グラスの息子ホークはどう見ても先住民なので、きっとグラスの息子的な存在なんだろうなって思っていたんですが、グラスの回想で先住民の妻(グレース・ドーヴ)がちょいちょい出て来るので、どうやら先住民との間に出来た子供みたいなんですよね。息子にしては、プリオの成分全然入ってないように見えちゃったんですが。

クマにズタズタにされてしまうグラスですが、クマって怖いですね〜。ライオンや虎よりも重量もあるし力もあるし猛獣じゃないですか。プーさんだとか、テディベアだとか言ってキャラ化したクマを可愛がってる場合じゃないですよ。子供たちにもクマはハチミツが大好きなちょっとドンくさいお友達じゃなくて、森で出会ったのならば死を覚悟しなければいけない猛獣だってことを教えなくていいものなのだろうか・・・とちょっと不安になりましたね(笑)。

ひん死の状態で埋められても驚くべき生命力で這い上がるグラス。彼はフィッツジェラルドへ息子の復讐を誓い、文字通り地面を這って追いかけるのです。これ本当にあった話だそうですが、すごいですね〜。極寒の荒野で、食べるものもほとんどないんですよ。しかも開拓ライバルのフランス人や敵対する先住民を避けながら、進んで行かなければならないという過酷を極める超サバイバル旅!プリオはもうものすごく頑張ってるんだけど、ここからが一気に眠くなるところです。

撮影監督は「ゼロ・グラビティ」や「バードマン」のエマニュエル・ルベッキさんで、もちろん撮影賞にノミネートされています(今回も受賞濃厚)。プリオの迫真の演技を接近して捉えるカメラワークなんですが、近過ぎて水滴や血しぶきがカメラに飛んでる(息がかかって曇ったりもしていたかも)。これってアリなの・・・?と私は思ってしまったんですが。レンズ表面についた水滴や血がカメラの存在を示してしまい、なんか一気に現実に引き戻されてしまうんですよね・・・。恐らく今の技術だったら特殊効果でそれを消すことも出来ると思うんですが、あえて残したんでしょうか。ここはちょっと謎でした。



※ネタバレ第二段階(ラストまで)



過酷なサバイバル旅を続ける中で、一番印象深かったのはプリオが馬の中で一夜を明かすシーンですね。敵の追跡をかわすために馬で爆走するプリオ。ところが崖から馬ごと落ちてしまうんですよ。プリオは木に引っかかり助かるんですが、馬は地面に激突して死んでしまうんですね。その後、プリオはナイフで馬のお腹を開いて一抱えもある臓器を取り出します。「死んでしまった馬のことをムダにせず食料にするんだな。私も馬刺食べたい・・・」と思うも、さにあらず。なんとプリオは馬のお腹をからっぽにした後でおもむろに服を脱ぎ、馬のお腹の中へ入って厳冬の夜を越すのでした。すげえ・・・・。先人のサバイバル技術、半端ねえ!!!ブリザードに見舞われた夜を無事に越して、馬の腹から出るプリオ(馬が人を出産したみたい)。馬はカチコチに凍っていますが中は快適だったようです。身支度をして先を急ぐプリオ。去り際に凍った馬をそっと撫でるシーンがなんだか良かったです。

そして後半で遂にフィッツジェラルドと対決することが出来るのですが、ここがものすごい死闘でした。復讐を胸に、想像を絶するような過酷なことを乗り越えて、乗り越えて、ようやっと・・・というストーリーは日本人にこそ受けそう。対決シーンは日本のお侍さんが戦う時代劇のようでした。ここでもプリオの頭の良さが光ってましたね。死体の背に木の幹を入れて馬に乗せ、生きているようにみせかけ、自分が運ばれている死体のふりをするという・・・。無事に復讐を遂げられて良かったですが、なんだかそれでも虚しい・・・といった感じの渋いラストでした。

うーん、地味に続くサバイバル旅の途中で意識を失っちゃったし、あまりアレコレ言える立場じゃないのはわかってるんだけど、すっごく面白い!!!と人に勧められる映画ではないです・・・(バードマンもそうだったけど)。褒めていた夫は「ストーリーにアップ&ダウンがあってよかった」とコメントしていましたが、まあ感じ方の違いがありますよね。ストーリーはいまいち入り込めなかった筆者ですが、役者陣の演技はどれも素晴らしかったと思いますよ。

こすい小悪人を演じたトム・ハーディーの助演男優賞ノミネートには納得だし、プリオの主演男優賞ノミネートは恐らく今回賞レースの大本命と言えるのではないでしょうか。だから、ずーっとアカデミー賞に関して不憫な扱いを受けていたプリオが主演男優賞を取って欲しい・・・!と祈るのみ。「ギルバート・グレイプ」で助演男優賞ノミネート、「アビエイター」、「ブラッド・ダイヤモンド」、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」で主演男優賞ノミネート。・・・でも受賞経験未だになし!そう考えるとこの「レヴェナント」の役柄がなんだかプリオ自身のセルフパロディーにも思えて来ます。過酷な環境で、クマのオモチャにされ、息があるのに埋められ、地面を這いずって、馬の腹の中に入り、耐えて、耐えて、耐えて、頑張って、頑張って、頑張って・・・これでもかー!どや、アカデミー!と主演男優賞に挑むプリオ自身の姿にも見えるのです・・・。まだライバルたちの作品観てないですけど、間違いなく撮影の過酷さでは一番でしょう。もうここまでやったんだから、いけずせずに受賞させてあげなよ・・・アカデミー会員の皆さん・・・と思うのでした。

追記:フタを開けてみれば、めでたくプリオが主演男優賞受賞!いや〜、本当によかったですね。クマとウマにも助演動物賞をあげたいですね。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Noriko says... ""
こんにちは~。

レヴェナント観ました!
なんともまぁ、すごいなぁとしか^_^;
ここまでしないと、アカデミーとれないのかと。。

先日、邦画のアイアムアヒーロー(おすすめです)と
キャプテンアメリカ・シビルウォーのはしごした時より
疲れちゃいました^_^;

なにはともあれ、レオ様主演とれてよかったです(^^♪
2016.05.03 19:42 | URL | #- [edit]
aitantanmen says... "Re: タイトルなし"
Norikoさん、こんにちは!

プリオ主演男優賞受賞ということで盛り上がりましたよね。発表前にはレオにオスカーを取らせるゲームなんかもあったし、みんな心配していたと思います。そう考えると愛されてますよね。長年アカデミー会員には嫌われていましたが。本当に受賞できてよかったです〜。

アイアムアヒーローは面白いみたいですね。日本に行った時にチェックしてみます。あとシヴィルウォーは今週観に行きます!こちらも評判が良いので楽しみです。


2016.05.03 22:34 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。