@itan-journ@l praha

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『プリデスティネーション』究極の自己完結を見た


       


    
この映画もTwitterでベスト10内にあげている方が多かったのでチェックしてみました。たぶん、多くの方が勧めていなければ観ていなかっただろうという作品ですね。個人的には、なんかつまんなそうなSF~?んでもってイーサン・ホーク主演~?ないない!ってビジュアルなんですが、やはり皆さんが褒めていたように、驚きに溢れた映画でした。

そもそもイーサン・ホークにSFって合わないし!って思ってたけど、「ガタカ」がありましたね。あれは元嫁ユマ・サーマンとジュード・ロウが優秀な遺伝子を持つ人間で、イーサン・ホークはそうじゃないって映画でしたっけ。遺伝子ってか、顔の構造が美しいかどうかで決まってねーか?と思いましたが・・・(イーサンファンの方 ごめんなさい)。ちなみに友人Iはイーサンのことを言及するとき「柳沢慎吾に似た人」という枕詞を必ず付けています。








※ネタバレします。



この映画はイーサン主演というよりは共演のサラ・スヌークの映画でしたね。彼女とはこの映画で初めましてなんですが、初登場のバーでのシーンはちょっと線の細い男性だと思っていました。その男性ジョンがバーテンダー、イーサン・ホークに驚くべき身の上を語り出します・・・。映画は大きく2つに分けてジョンのパートとバーテンダーのパートに分かれているんですが、ジョン/ジェーンのパートの比重が高いです。そちらの方がずっとずっと驚きに満ちていて独創的。だからちょっと全体的なバランスが微妙かな〜と思ってしまいましたね。

このジョンというバーの男性客が「俺が小さい女の子だった頃・・・」と語り始めるんですが、そのときにエッ!とまずびっくりするんですよね。凝視すると少しおナベ感があるんですけど。彼はかつてはジェーンという名前の女性でで、生まれてすぐに孤児院の前に捨てられそのまま孤児院で育てられました。成人した頃にある宇宙関係機関にスカウトされて、訓練を受けるようになります。そして彼女はある男性と巡り会って娘を授かりますが、男性はある日突然消えてしまうのでした。そしてジェーンは出産したばかりの娘を何者かに奪われてしまいます。出産後に、ジェーンは両性具有だということがわかります。延命のために男性になる手術を受け、以後男性のジョンとして生きて来たのでした。これだけでもすごい身の上です。

サラ・スヌークがジョンとジェーンを演じているんですが、ガラス玉のような青くて大きな目が印象的な、どことなく猫のような印象を与える人だなあ〜と思いました。確かに、女性にしてはちょっと男性的、男性にしてはちょっと女性的。中性的な感じの女優さんなんですよね。その身の上話を聞いて、時空警察のエージェントであるイーサンはジョンのことを後任にしようとスカウトし、タイムマシン(楽器ケースになってて、ロックダイヤルが付いておりそれで目的の年月日を設定)で過去へ行くのでした。

で、そこでジョンは過去の自分、つまり女性だった頃のジェーンと出会います。そしてなんとジョンとジェーンの二人は恋に落ちてジェーンは妊娠。娘を産むのでした。あれ・・・?あれれれ・・・?そうなんです、全部自分なんですよ。時空を超えて性別の違う自分がセックスし、子供が生まれる。まさかのセルフ生殖なんです。そしてその子はイーサン・ホークが病院から誘拐して孤児院の前に捨てられ・・・。ってことは自分を自分が生んでいる訳で・・・。これぞ究極の自己完結。自分だけしかいない生のループがぐーるぐる!ぐーるぐるったら、ぐーるぐる!筆者の目玉もぐーるぐる!この驚きはちょっと今までに体験したことがない種類の驚きでしたね・・・。

このインパクトがあまりにも大きかったもので、もうひとつのパートは「ああ、そうでっか。年寄りになったイーサンが過去のイーサンに殺されるんですな」と、「炊飯器に米と水を入れたらご飯が炊けるんですな」という日々の常識と同じぐらいのテンションで超ナチュラルに受け入れちゃうんですよね。イーサンの演技はよかったけれどもジョン/ジェーンパートが終った後は、なんかイマイチ蛇足だな〜といった感じがしてもったいなかったです。

ジョンとジェーンは生まれ変わりというわけではないけど、この驚きに満ちた生の営みループ感にはちょっと「クラウド・アトラス」みたいなスケール感を感じました。本作のポスターやDVDパッケージなんかだと、イーサン・ホーク主演の「マイノリティ・リポート」みたいな時空アクションって感じなのかな〜って印象が強いですけどね。アイディアは素晴らしかったけど、それに苦悩する人間模様みたいなものをもっと掘り下げるて描いたらより良い映画になったのではないかなと思いました。


関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。