@itan-journ@l praha

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『グッド・バッド・ウィアード』イケメン×馬=格好良さ∞

          



ラスト・スタンド」が大変面白かったので、同じくキム・ジウン監督の「グッド・バッド・ウィアード」も帰省時にチェックしてみました。2008年の映画ということで、もう5年も前のものになるんですね。

1930年代の満州国(日本が傀儡国家を樹立していた状態)が舞台です。日本、中国、朝鮮、ロシアが入り乱れる混沌とした満州国で繰り広げられるウエスタン劇です。なんでも韓国製のウエスタンなのでキムチ・ウエスタンって言うの出そうな。とても美味しそうです。元ネタはイーストウッドが出ている「続・夕陽のガンマン」だそうです(未見)。

全体的には面白かったけれども、ちょっと冗長な部分もあったので展開の早さを×1.5倍くらいにすれば傑作になっていたのではないかと思います。グッド(チョン・ウソン)、バッド(イ・ビョンホン)、ウィアード(ソン・ガンホ)って、「いい子、悪い子、普通の子」みたいな・・・?あ、オチの人は「変な奴」ってことですね。私はてっきり、イケメンなグッドとバッドの宿命の対決がメインで、三枚目のウィアードがそれにちょろちょろ絡んで来る話かと思っていたんですが、ウィアードが結構メインを張ってましたね。

一番アガったシーンは、やっぱりラスト近くのお宝の場所を目指しながらの銃撃戦ですよ。もう見渡す限りなーんにもない大陸の大平原を、土ぼこりをあげて馬で走りながら撃ち合うんですが、ここでかかる音楽も完璧で、テンションを上げられてしまうことと言ったらありません。見終わった後もこの音楽が耳から離れませんでした。調べたところ、「Don't Let Me Be Misunderstood」という曲で「キル・ビル」でも使用されていたようです(観たけど忘れちゃった)。正義の味方が悪い奴らをなぎ倒す(いや、ぶち殺す)のにぴったりだし、なんか男のロマンって感じがする曲ですよ。馬に乗りながらの銃撃戦は、その場で停止しながら撃ち合う普通のとはもう全然違いますね。迫力と爽快感があって凄くカッコ良かったし、馬を走らせるスピードがそのまま展開のスピードになって、グイグイ引き込まれました。

グッド役のチョン・ウソンさんは今までわりと目立たなかったんだけど、このシーンで大活躍してました。しかし本当にカッコイイんですよ、チョン・ウソンさんが!馬で爆走しながら銃身が長いライフルみたいので次々と日本兵を撃って行くんですが、馬上の姿勢がものすご〜くビシィッ!っとしてて綺麗。背筋がピンとしてて、ボディーラインもとても美しいんですよね。風を受けて翻るコートも完璧で、いや〜、カッコええわあ〜と私、メロメロになってしまいました。やっぱりイケメンが馬に乗ると格好良さ無限大になるの公式ですよ・・・(映画「オーストラリア」で気付いた公式です)。そうすると西部劇とか馬イケメンの宝庫なんじゃないか、ということに気が付いてしまいました。チョン・ウソンさんについて調べてみたところ「私の頭の中の消しゴム」の人でしたよ。あ〜、この人か〜。福山雅治をちょっとダッカルビ風に味付けしたみたいなお方ですよ。

バッド役のイ・ビョンホンは片目だけずっと隠している鬼太郎ヘアーでしたね。白いシャツに黒い細身のスーツを着ていて、いつものイケメンぷり炸裂でした。彼のちょっと裏の世界の人っぽい感じが役と合っていたと思います。名付けて、地獄の三丁目からやって来た極悪ホストだな。

ウィアード役のソン・ガンホですが、最近だと「渇き」を観ました。彼を見ると、いつも学生時代のクラスメート(女子。しかも巨乳)のことを思い出します。ソン・ガンホに茶髪のゆるいソバージュのカツラを被せたらそっくりなんですよ。生き別れの兄妹かと思うくらい似ていました。彼女には「ソン・ガンホに似てるよね」と口が裂けても言えませんでしたが・・・。閑話休題。ウィアードは道化役かと思いきや結構活躍してましたね。でも、もっと三枚目キャラを強調してもよかったかも。そうした方がイケメン二人との対比も際立つし、最後のオチも効いたんじゃないかと思いました。

後は、ひたすらホコリまみれの男ばっか出て来るので、ちょっと画面がむさ苦しいんですよね。彩りとバランス的に、バッドの情婦役とかでセクシー美女を投入したらよかったのにな〜と思います。まあしかし、前述した荒野疾走銃撃シーンと馬上のチョン・ウソンさんで5億点なので良しとしましょう(上から目線)。さて、DVDでもう一度このシーンを観てみることにしましょうかね〜。

銃撃戦シーンの音楽(本編ではインストでした)↓



チョン・ウソンさんが神レベルでかっこいい銃撃戦シーン↓

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。