@itan-journ@l praha

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハイ・ライズ』スタイリッシュなタワマン映画



                        
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

High-Rise [ J. G. Ballard ]
価格:2332円(税込、送料無料) (2016/8/23時点)



この映画のことを知ったのはTwitterで、どなたかが全裸で股間に本を置いて日光浴をするトムヒ様の写真をあげていたからです(確か本には「ようこそ」と書いてあったような)。高層マンションを舞台にした、住人同士のドロドロが描かれる人間ドラマといった趣にも惹かれて鑑賞してみました。

日本でもタワーマンションに住むことがステイタスで、低階層より高階層の方が高いという認識があるようですね。この映画でも同じで、低階層の住人が上にコンプレックスを持っているみたいな描写がありました。全然話は変わりますが、タワーマンションのことを「タワマン」って略すじゃないですか。この略称が非常に卑猥なものに見えて来るのは私だけでしょうか・ ・・。

画面が非常にスタイリッシュ。もちろんその中に住まうトムヒ様(細身のスーツをビシっと着ていて、職業はお医者さん)もスタイリッシュ。タワマンの中で開催されるパーティーもスタイリッシュ。ということで、スタイリッシュづくしだったのでした。最上階にお住まいなのは、このタワマンを建築したジェレミー・アイアンズ様です。舞台設定が70年代あたりなんですが、衣装やインテリアや小道具などが本当にぽくて、画質がクリアじゃなければ当時そのままな雰囲気だったと思います。

しかし、内容はあんまりハッキリと覚えていません・・・。
もっとタワマン内の人間関係ドロドロで、でもそのドロドロから抜け出せなくって、みたいな人間臭~い話なのだろうかと思ったのだけど、そこまでの粘度はなく。トムヒ様が臨月妊婦と不倫したり、シエナ・ミラー演じるシングルマザーと関係もったりするんですけどね。あと自殺者も出るし。でもスタイリッシュなのでそのあたりもなんだかサラ~っとしてるんですよ。で、結局最後はタワマン内のパワーバランスが壊れて、無秩序に支配されていく・・・みたいな話なのでした。

うーん、わからんな!と思い、例によって町山さんの映画ムダ話を購入。解説を聞いたら「え、そんな単純な話だったんだ」と拍子抜けしてしまいました。ご近所付き合いがテーマの話じゃなくて階級社会闘争の話だったんですね。いや、タワマンの中で格付けが行われているっぽいことは感じられるんですが、それが私のように鈍い観客にもわかるようにはあまり描かれていないんですよ(予告編では強調されていたが)。例えば「高階層の奥さんはヨーカドーじゃなくて成城石井で買い物してる、キー!」みたいなヒガミのセリフなんかが低階層の主婦から吐かれていたらわかるんですけど(笑)。まあ縦社会ってことなんでしょうか。タワマンはこれ以上ないくらいのその象徴なんですが、いまいちそこまでピンと来ませんでした・・・。

町山さんによると、構造的には縦になった「スノー・ピアサー」だということです。なるほど!あとは「エリジウム」も宇宙の金持ちVS貧乏という意味では同じだと。なるほど!そう考えると腑に落ちます。支配層への下克上なんですね。でも本作がなぜわかりにくかというと、主人公のトムヒ様がスタイリッシュなタワマンライフを享受可能な中産階級であるという点じゃないでしょうか 。

「スノー・ピアサー」のクリエヴァは生まれたての赤子を食べるくらい食糧がないところの住人、「エリジウム」のマット・デイモンは超絶ブラック企業で文字通り使い捨てにされる労働者。その主人公たちがド底辺からド根性で支配層にガチンコ勝負を挑む!というストーリーなので大変にわかりやすくて共感しやすかったんだと思います(私がこういう浪花節が好きなせいもあるけど)。ルーク・エヴァンス演じる低階層住まいの夫が主人公ならもっとわかりやすかっただろうけど、そうじゃないところがこれまたスタイリッシュなんでしょうかね。


スポンサーサイト

『ターザン REBORN』ヌケない・・・



                     


劇場で見た予告編がたいへん面白そうだったので「行きたい」と夫にせがんでいたのですが、彼は興味がなかったらしく断られました(「インデペンデンス・デイ」の新作の方がよかったそう)。やっぱり男子受けしないですかね~。「ザ・イースト」でカッコいい~!となったアレクサンダー・スカルスガルド主演ですよ。彼がメジャー系映画のヒーローをおそらく初めて務めた作品じゃないでしょうか。あのアレクサンダーが!腰ミノ一丁で(正確にはズボン)!ジャングルを駆け巡る!ウホッ!ヒロインのジェーンは今売れているマーゴット・ロビー、悪役は最近ハリウッドの悪役商会シェア独り占め感のあるクリストフ・ヴァルツという安定のキャスティング。監督はハリーポッターのシリーズ後半を手掛けた人らしいです。

うーん、ところが ・・・残念ながら期待した程の出来じゃなかった・・・。何が悪かったのかな~。ロマンチックなアドベンチャー映画って作りにとらわれすぎて小さくまとまっちゃった、みたいな・・・?ジャングル描写が思ったより暗めだったこと・・・?そんでもってな〜んか作り物感があったこと・・・?野生動物たちが大挙して登場するのにそれを活かしたアクションが少なかったこと・・・?ターザンが始終寡黙な男で「ジャングル・ジョージ」みたいな愛嬌がなかったこと・・・?ツタに捕まってるのに「アーア、アーッ!」ってシャウトしなかったこと・・・?マーゴット・ロビーが全然エロくなかったこと・・・?クリストフ・ヴァルツの自らは手を汚さない系の悪役っぷりにもうお腹いっぱいってこと・・・?サミュエル・L・ジャクソンさんが出てるのに「マダファカ!」って言わなかったこと・・・?などなど・・・、思い浮かびますが。

やっぱりジャングル描写が生ぬるい・・・ってことが一番じゃないですかね。ここ最近私が観てるジャングル映画と言えば「食人族」や「グリーン・インフェルノ」など、まさに緑の地獄!と言うべきエグさで危険がいっぱい、食うか食われるかの場所でしたから・・・。この映画の中で危険な目といや、森の中でゴリラと出くわしたり、川の中でカバの大群に踏まれそうになったり、ワニに喰われたり(ネタバレ)ということくらいですから。文章だと恐ろしげに見えるかもしれませんが、なんかイマイチ真に迫ってなかったんですよねえ・・・。一応敵として原住民も登場するんですが、この方々も食人はしないようだし、妙に統率が取れていてそこまでプリミティブな感じもしなかったですね。

アレクサンダーのターザンですが、ジャングルからイギリスに帰って5年。寡黙だけど英語が上手です。どんなスピードラーニングを使ったんでしょうか(笑)。ターザンのキャラクター造形がイマイチよくわからないというのもダメな原因かも。いつもテンション低めで、嬉しいのか怒ってるのか悲しんでいるのか・・・がちょっとよくわかんないんですよね〜。いくらイケメンでもこんなエモーションの乏しい人とだったら付き合えないかも、私・・・。

映画も新生ターザンを目指して、ステレオタイプな表現から離れよう離れようと工夫を凝らしている感じなんですが。例えばジャングルに帰ったターザン が兄弟ゴリラと決闘して負けたりする。ジャングルに帰って来たからと言って水を得た魚のようになるわけではないんですね。でもそこが敗因となったというか、ジャングルの中で特別すごい!って言うアクションがあるわけでもないし、戦ったりするシーンが妙〜に地味だし・・・。でも我慢して観てればいつかクライマックスが来るのかな、来るのかな〜と待たされて結局来ないで終了・・・。主演俳優は超イケメンでいい体してるし、予告編やポスターはあれだけそそるのに!というまるで「ヌキどころのないAV」(©町山さん)のような映画なのでした。

最近、テレビで「ジャングル・ジョージ」が放映されたそうですが、どうせならこっちを観た方がいいですね。これは徹頭徹尾コメディーで子供向けなんですが、主演のブレンダン・フレイザーが身体、キャラともに素晴らしいんですよ。アレクサンダーも身体はすごく作ってると思うんだけど、シュッとしていてどこかしらスタイリッシュな感じ。一方ブレンダンの方は逆三角形バディでリアルな野生感が出てるんですよね。あとジョージの天然ボケというキャラクターが萌えるんです。あれだけエエ身体してるのに、森の王者なのに、樹にぶつかったりしてるのがカワイイ。ジョージは人間界に連れて来られて服を着せられたりするんですが、服の下にあのエエ身体があると思うとまたグっとくるんですよね(笑)。

ということで、DVD旧作になるまで待っても大丈夫な一本なのでした。


『X-MEN アポカリプス』もしかしてMCU最優良コンテンツ?



                            


シビル・ウォーに続きマーベル映画です。これは面白かったですね~。なぜならストーリー、英語ともに明解で私でも理解することが出来たからです!でも明解ゆえにフックがちと足りなかったような感じも・・・。しかし、これも2~3ヶ月前の鑑賞だった為、記憶があいまい!ただ面白かったってことは覚えているんだけど・・・。ということで、記憶を探り探りしながら箇条書き感想を書いて行きたいと思います。

その前に前作の復習。

『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』今日の親友は明日の敵か・・・

『X-MEN: フューチャー&パスト』みんな仲良く!



※ややネタバレします。



・今回もですけど改めてマーベル・シネマティック・ユニバース中でも、X-MENはどれもクオリティーが高いんじゃないかと思いました。X-MENで微妙な仕上がりになってしまった作品てあんまりなくないですか・・・?常にある一定のクオリティー以上をキープし続けているような気がします。そしてプロフェッサーXやマグニートがおじいちゃんのときからシリーズが始まっているので「実はこんな過去があったんですよね〜」ってプレイバックが新作で出来る。青年がおじいちゃんになる間まで話が作り放題なわけで、つじつまさえ合わせておけばアレンジは無限大。改めて実に優等生なコンテンツだと思うのでした。

・今回のマグニートことエリック(マイケル・ファスベンダー)はポーランドの山奥の工場で働きながら、妻子と一緒に暮らしているという設定。予告編で赤と黒の チェックのシャツを着ていたので「なんかエリックおしゃれになってんな」と思ったけど、そのシャツは田舎の労働者表現なのでした。妻との間には6歳くらいの娘がいます。しかし色んな所で子供を作っているなあ、マグニート。クイックシルバーとは異母兄弟になるわけですね。しかし、マグニートはどこまでも悲劇の人。あるとき能力を使って工場での事故から同僚を救うのですが、誰かが秘密警察?的なところに密告した為に妻子と引き離されてしまうことに。そのもみ合いで妻子が亡くなってしまうんですよ。どうやら娘には動物を操るという能力があったみたいなんですが・・・。再び復讐の鬼となったマグニートはその場で警察たちを皆殺しにするのでした。彼は両親も自分の能力がらみの事件で殺されているし、もう本当に可哀相ですね。

・振り返ってみると前々作がキューバ危機のあった66年。前作が73年で、本作が83年らしいので、シリーズ中では約20年の時が経過。劇中で1作目の頃のエリックとチャールズ(ジェームズ・マカヴォイ)が出て来るんですけど、二人ともツルっとしていて若い!!別に今が老け込んでるってわけでも全然ないんですが、リアルな時の経過では6年の時の流れのようなものを感じました。ミスティーク(ジェニファー・ローレンス)が、ジーン(ソフィー・ターナー)に「初めての戦いのときはアタシもアンタくらいだったわね」と言うシーンもあります。てことはミスティーク今アラフォーくらい?

・今回は旧シリーズでファムケ・ヤンセンが演じていたジーン、ジェームス・マースデンが演じていたサイクロップス、ハル・ベリーが演じていたストームの若かりし頃が別の役者で描かれます。特に印象に残ったのがジーンでしたね。ジーンって目からビームや雷を操る他の二人と比べると、能力が予知能力や念力みたいにちょっと地味(でもポテンシャルは高い)。でも演じているソフィー・ターナーがものすごい美少女で、彼女が後半で重要な役割を果たすんですよ。それが神々しくて「すごい子が出て来たなあ」と思ったのでした。

・劇中でなんとなくホッとするのがX学園のシーン。重厚なレンガ作りの建築(ツタ絡まってたり)がいいんですよね。そこにはハンク(ニコラス・ホルト)はじめ優しい先生たちがいて、みたいな安らぎがあるんですよ。チャールズとハンクの信頼関係が出ている演技もいい。マカヴォイとホルトちゃん、いかにもイギリスのグッドボーイという感じで安心して見ていられます。ハンクとミスティークのシーンは中の人二人が付き合っていたということを観客も知っているので、二人が話すシーンは「ああ・・・」とちょっぴり切なくなるところ。フィクションとリアルが絡まり合ったケミストリーですな。

・今回の敵がまた壮大すぎて受けましたね。なにしろオープニングが紀元前のエジプトなんだから、スケールがでかいわけです。タイトルにも冠されているアポカリプス(オスカー・アイザック)という悪いファラオみたいのがミュータントパワーをキープし続けたまま数千年の歴史から目覚めるんですが。演じているオスカー・アイザックは「エクス・マキナ」でIT長者をやっていたインド人みたいな人でしたが、本作では素顔を晒していないので誰がやってるんだか全然わかりませんね。現代に蘇ったアポカリプスが4フォースメンという配下を従えてやってくるんですが、それが復讐心から悪に再び寝返ったマグニート、雷のストーム(アレクサンドラ・シップ)、邪悪なエンジェル(ベン・ハーディ)、女子プロの悪役みたいなサイロック(オリヴィア・マン)という構成です。ストームとエンジェルはまだ若いので戦いが終了した後に改心しX学園の生徒になるんですよね。ストーム最初は敵だったのか!と驚きました。ところでジェームズ・マカヴォイは私生活で一児をもうけた妻と離婚し、今はストーム役のアレクサンドラ・シップと交際中との噂が。もし本当ならX-MENの現場もいっぱいカップル誕生してますね。

・今回も大活躍だったのがクイックシルバー(エヴァン・ピーターズ)。もう彼が能力を発揮するシーンは痛快そのもので、本作で一番エキサイティングと言っても過言ではないでしょう。ただサクサクと人命救助するんじゃなくて、途中で人のドリンク一口もらったり、屋上でキスする途中のカップルにオエっと毒づいたりしてるのが本当に最高です。私は以前に超高速移動できるクイックシルバーの能力こそが最強と書きましたが、今回はそれがアポカリプスに通用しない場面がありました。そこは「ああ、クイックシルバーでさえも!」と心が折れちゃいましたね。彼が人命救助したもののX学園は爆発でバラバラに。それを後日ジーンとマグニート(しかし寝返ったり戻ったりが忙しいね)が能力を使って修復。これは便利な能力ですね~。人件費が少なくて済みそうだし、建築ビジネスも出来そうです。ストームがクイックシルバーに「あんたマグニートの息子なんだってね。彼に言わなくていいの?」と訊ねますが「このままでいいんだ」とクイックシルバー。しかし最近入学したストームが知ってるくらいだから知れ渡るのは時間の問題なんじゃ・・・?

・今回カメオでウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)が登場!秘密の研究施設みたいなところで人体実験されていたところをジーンたちに救われ、一言もセリフを発さずに雪山に逃げて行くというほとんど珍獣扱い。将来、ウルヴァリンはファムケ・ヤンセンになったジーンに言い寄るんですよね。目からビームのサイクロップスと三角関係になったりして。そんな3人の一瞬のコンタクトなシーンでした。

・毎回カメオ出演のスタン・リー様ですが、私はどこに出ていたのかすっかり忘れてしまいました・・・。エンドクレジット後のおまけシーンは研究施設で採取されたぽいウルヴァリンの血清がどうこうみたいなシーンだったかな。

今のところ、スタン・リー様のカメオシーン最新版はデッドプールまでのコレみたいです。





続編ですが、脚本家が「次作は90年代が舞台」とコメントしているとか。90年代つーと、もうそろそろマカヴォイがパトリック・スチュアートに、おファスがイアン・マッケランになってしまいそうな感じですが・・・。あと、おまけシーンがウルヴァリンの次作と、ガンビット(チャニング・テイタムがキャスティング)というキャラの映画にも繋がるそう。楽しみに待ちたいと思います。

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』個人的には期待はずれ・・・


       


本作で5月6月のお休みの間ずっと溜まっていた感想文は終わりです(と言っている8月前半にまた間が空いてしまったが・・・)。大好物のマーベル映画、しかも推しメンのキャップ映画ということで期待値を上げて行って参りました。もう何度も何度も書いていることですが、なぜキャップが推しメンなのかと言うとなんとなく夫に似ているからなのです。これは中の人クリス・エヴァンスが夫と似ているという意味ではなく、キャップを演じているときのクリエヴァの雰囲気(ちょっとナイーブで童貞ぽいところ)、顔の型、髪型、引きで見た時の印象が似ているということなのです。決して私がクリエヴァのようなイケメンと結婚しているということではありません。

キ ャップ単体の主演作はこれで三作目なんですが、うーん、個人的にはだんだんボルテージが下がって来ている気がしています。一作目ファースト・アベンジャーが、もう最高に面白くって、私にとってアメコミ映画への偏見を取っ払ってくれた記念碑的な一作なんですね。またこれも何度も書いていますが、まったく予備知識を入れずに観たものだから、もやしっ子のスティーブがマシンに入って筋肉モリモリになったときは「えええーッ!」と仰天したんですよ。以後、予告編を始めとして映画に関する予備知識はなるべく持たずに鑑賞し、できるだけフレッシュな感触を楽しむというスタイルになったのでした。

二作目の「ウインター・ソルジャー」は面白かったんだけど、一作目ほどの興奮は得られず。そして三作目「シビル・ウォー」なんですが、個人的にはう~んという感じ。あともうひとつ致命的な問題が・・・。マーベル映画史上最高に英語が難しかったんですね。筋は掴めるけど細かい部分とか理解するのが私には難しかったです。そのことを同じくマーベル映画愛好家でローカルの大学生(18歳)に言ったところ「ちょっと政治ぽい話だから、普段からそういう英語に触れてないと難しいかも。僕は『ハウス・オブ・カード』を観てたから大丈夫だったけどね」ということでした。日本語でも政治って苦手だから、もう仕方ありませんね。

アメコミと言えば春に公開された「バットマン VS スーパーマン」もスーパーヒーロー同士が方向性の違いで戦うという話でしたね。内輪モメが世界的なブーム?ファンとしては、♪ケンカをやめて~♪二人を止めて~と歌いたくなってしまうところです。さて、例によって鑑賞からかなり時間が経っているため、また思い出せる印象だけを箇条書きで書いて行きたいと思います。


・冒頭、南米だかどっかでスパイ活動をするキャップたち。ここからアクションシーンへ展開していくのですが、画面がせわしなくて付いて行くのにひと苦労。前作も監督は同じなんですが、こんなゴチャゴチャしてるアクションだったっけ?ローカル市場での乱闘になり、ここでブルキナバスケット的なものがチラっと映って雑貨好きとしては「あっ!」と思ったのでした。

今回はトニー(ロバート・ダウニー・ジュニア)がとにかく可哀相だった・・・。両親の死の理由も露呈しちゃうし、キャップ達と仲違いするし。町山さんも有料ポッドキャストで仰っていたけど、トニー・スターク節とも言えるいつもの軽口も出ないしで、ちょっと寂しかったですね。あと若い頃のダウニーたんが出て来てビックリしました。ブラピの「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」でも思ったけど、もう俳優を若返らせるのなんて今の技術では簡単なことなんでしょうね。

・新キャラとしてブラック・パンサー(チャドウィック・ボーズマン)が登場。バッキー推しだった友人Iは彼のことがえらく気に入ったようで、バッキーと陛下の二人に同時に口説かれたらどちらにしようか・・・と困っていました。このキャラってのは超人能力ってよりもブラック・ウィドウみたいに身体能力がすごい生身の人間ってことなんでしょうか。ヘルメットのフォルムが黒猫好きのハートをくすぐります。

・もう一人新キャラというか悪役が、ヘルムート・ジモ大佐(ダニエル・ブリュール)。ダニエルもついにマーベル映画に出演ですよ。私彼のこと結構好きです。最近の彼出演のドイツ映 画は言葉がわからないから観てないけど・・・。彼は一体どんな変身を?どんなキャラに?と思ったら最初から最後までダニエル・ブリュールのまま。意外と渋いキャラなのでした。

・そしてリブートされたスパイディ(トム・ホランド)が初登場。トニーに誘われてチーム・アイアンマンに入るんですが。彼が戦闘時まあうるさいこと(笑)。ユードンストップ!なんですね。まあまだ高校生だからしょうがないんですけど。男子高生が初陣で舞い上がっちゃうってこの構図はなんか既視感あるな~って思ったら、SATCでサマンサが筆下しする同姓同名の高校生サム・ジョーンズとの一戦と同じでした(笑)。スパイディのおばさんはマリサ・トメイってことで、ずいぶん色っぽく若返りましたね!

・アントマン( ポール・ラッド)はチーム・キャップに入ってました。今回は逆に巨大化して暴れるという漫画みたいな(まあどちらにせよ漫画っぽいんだけど)展開に。若人が多いチーム・キャップの中に混じると、やっぱりおじさんって感じがしましたね(笑)。ちなみに彼の単独主演作「アントマン」はめちゃめちゃ面白かったです。

・今回、キャップの初恋の人ペギーが死去。お葬式でエージェント13(エミリー・ヴァンキャンプ)がペギーの姪だと初めて知るキャップなのでした。で、その後キャップとエージェント13のキスシーンがあるんですが。うーん、ここはなんかご都合主義っぽい感じがしちゃいましたねえ・・・。前から彼女のことが気になっているってのは提示されてたんですが、ペギーの血縁だから同じ様なもんだろって行ったみたいな感じがしちゃって・・・。あと友達が見てるで堂々とキス(しかも初めての相手と)って、童貞が出来るスキルじゃないんじゃないですか?アメリカ人はそこんとこのメンタル違うのかな。

・でも、バッキー(セバスチャン・スタン)とサム(アンソニー・マッキー)がキャップとエージェント13のキスシーンを見て「やったな!」みたいに笑顔になるのがホッコリしててよかったです。特に今までずっと苦悩を抱えていて泣きそうな顔ばっかりしていたバッキーの笑顔が良かったですね~。笑った・・・バッキーが笑った!みたいな。

・ホークアイ(ジェレミー・レナー)は前作で家族のことを考えて引退・・・みたいなことになっていたと思うんだけど、チームキャップに入ってましたね。まあ彼の活躍を見られるのは嬉しいんですが、生まれたばかりの子供もいるし無茶しておとっつあん大丈夫なのかい?と少し心配です。

・チームキャップは海上のハイテク牢獄みたいなところ に閉じ込められちゃって、これからどうなるの?という感じ。キャップはトニーに手紙を送りますが(DHLの配達人がスタン・リー様)、意見の相違があっても僕たち友達だから!ってエンディングでなんだかスッキリしませんでした。次作はインフィニティ・ウォーということで、戦いはまだまだ終らない・・・ってことなんでしょうか。とにかく本作は吹き替え等でもう一度観なきゃと思っています。個人的にはキャップの童貞が今回も守られたということで安心してますが、もうエージェント13とAもしちゃったし今後の展開は早そうです。

以上です!





これが市場でチラ写りした
ブルキナバスケット。
これにハマって大・中・小と揃えました。
サンダルの見せる収納や、
ホームパーティーで大きなボウルを
運搬するとき、
取りあえず散らかってるものを
ポイポイ放り込んだりして使ってます。
私のは無地だけど柄入りも可愛いな〜。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。