@itan-journ@l praha

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ヘイトフル・エイト』膀胱が頑丈な8人

                                 




筆者の居住国では1月からかかっていたんですが、他のアカデミー賞関連作品を観るのに忙しかったので遅れて鑑賞しました。実はこの作品も作曲賞(エンニオ・モリコーネ)と助演女優賞(ジェニファー・ジェイソン・リー)でノミネートされていたのでした(作曲賞は受賞)。

ジャンゴ 繋がれざる者」以来のタラちゃん新作、楽しみにしていたのですが・・・・英語が全然わからなかった・・・・。「裏切りの八悪人」の中の一人にティム・ロス(一瞬、クリストフ・ヴァルツかと思った)演じるリミットマンという人がいるんですが、その人の英語以外は何が何やらサッパリ・・・。タランティーノ映画と言えば本筋に関係のないダベりに面白さがあるというのは有名な話ですが、残念なことにそういう面白さを理解することが全然出来なかったです。英語のわかりやすさでいえば「ジャンゴ」の方がずっと簡単でした。

あらすじは一応追ってみたんですけど、な~んかスッキリしない話だなあ・・・という感想でした。主演っぽいサミュエルさんは途中まで物語を牽引する役だったけど、やっぱり最後は「マダファカ!」とドロップして死んじゃうんだろうなあ、んで八人の中の紅一点であるジェニファー・ジェイソン・リーが今までカート・ラッセルにボコボコにされていたけど復讐し、他の奴らも壮絶な方法で皆殺しにし、全身に血を浴びながら小屋から出て終るみたいな・・・?(もちろん新雪の上に真っ赤な血がポタポタと落ちるカットあり)と思っていましたが、ラストは全然違う着地・・・。これ・・・面白いのか?と思って、町山智宏さんの映画ムダ話ポッドキャストを200円払って聞いてみました。

うーん、やっぱり観賞後「あれ?」と思っている人は多いようですね。ちょっと安心しました。しかし今回はより深淵なテーマが内包されているようで、そりゃセリフも理解出来ずに一回観ただけでは無理だよなあ・・・と思ったのでした。ジェニファー・ジェイソン・リーの演技が「エクソシスト」のリーガン少女オマージュということですが「なるほどなあ〜」と納得しましたよ。しかしジェニファーってもう50代なんですね。確かに昔から活躍している女優さんだけど、もっと若く見えます。後半で彼女が返り血だらけになって熱演するシーンがあるんですが、やっぱりノミネートされるだけあって凄みがありました。タランティーノ初の密室劇ということで、密室の中に犯人がいて一人一人殺されて行く訳なんですが、私のようにボーっとした観客の為に八人の顔写真と名前、そして死んだ人には顔写真にバツ印を付けていくというサービスが欲しかったですね(CM明けの金田一少年の事件簿みたいに)。

しかし今回はヴィジュアル的に地味だね!出演者がおっさんばっかりで、女といえば青タンつけてるジェニファー・ジェイソン・リーだけだし。あ、チャニング・テイタムやゾーイ・ベル(「キル・ビル」でユマ・サーマンのスタントウーマンだった人。「デス・プルーフ」などに出演)も回想シーンで出て来ますが、すぐに死んでしまいます。そんで人が死ぬまでの尺が妙に長い。待たされるんですよ!(サミュエルさんたちが馬車で小屋に辿り着くまでも長い)

そしてサミュエルさんといえば、セットになっている「マダファカ」ですが・・・。私が聞いていた限り、一回も発していなかったです!「そんなこと言ったって、英語の聞き取り出来なかったんでしょ?」とお思いですか?「マダファカ」くらいわかるよバカヤロウ!と言いたいところですが、イマイチ自信がありません・・・。まあこの作品も日本語字幕案件ですな。

あと不思議に思ったのがコーヒーですよ。小屋ではよくコーヒーを作って飲むシーンがあります。このコーヒーが物語上で重要なキーになるのですが・・・。みんなコーヒーをよく飲んでいたのにもかかわらず、ほぼ誰もトイレ行かなかったよね・・・?私はトイレが近いので、頑丈な膀胱を持っているヘイトフルエイトたちが羨ましかったですね〜。トイレ行くこと自体も面倒くさいのに、映画の中のトイレは外ですから!しかもトイレまで猛吹雪の中迷わないように、道しるべとなる柵みたいなものも立ててあるという・・・。ということで、長尺なので、鑑賞前にはお手洗いを完璧に済ませておくことをおすすめします。

スポンサーサイト

『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』ブラッディーなものが欲しくなる

        




トムヒ様の旧作なのでチェック致しました。現代に生きるヴァンパイアを耽美に描いた映画です。トムヒ様とティルダ・スウィントンがヴァンパイアの生き残りってことみたいなんですが、このキャスティングがもう素晴らしいですね。貴族っぽい風貌に贅肉が一切付いていないスレンダーな身体が、現代のヴァンパイアという設定に説得力を持たせています。監督はジム・ジャームッシュ。なんかお洒落な感じがします。2013年のカンヌ映画祭コンペティション部門に出品されたそうなのですが「アデル、ブルーは熱い色」に破れた作品のうちの一つだそうです。

まあ・・・、ちょっと退屈な映画ではあります。ヴァンパイアなのでシーンは暗い家の中か夜の街ばかりだし、照明の量が足りないからなんだか眠くなってしまうという・・・。アダム(トム・ヒドルストン)はデトロイト郊外に暮らしているミュージシャンで、イヴ(ティルダ・スウィントン)はモロッコのタンジェに暮らしています。最初は時代設定がよくわからなかったのですが、二人がスマホでビデオコールしているのでやっと現代だとわかりました。



※ネタバレします。



二人はもう随分と長いこと生きているヴァンパイアで人を襲って血を吸うのではなく、医療用の血液なんかを地下ルートから入手して、それをヴィンテージワインのように大事に摂取するというスタイルを送っています。血を飲んで恍惚となるシーンがいくつかあるのですが、これはかなり美味しそうな演出がされていて「そんなひっくり返るくらい美味しいなら私も一杯」と思ったのでした。タンジェからデトロイトにやってきたイヴはアダムと暮らし始めますが、そこへ長年会っていなかったイヴの妹エヴァ(ミア・ワシコウスカ)がやって来ます。

私は「クリムゾン・ピーク」を先に観ていたので、ああトムヒ様とミアちゃんはもう共演していたんだ!と思ったのでした。この妹がやんちゃで、アダムに楽器とかを調達してくれていたイアン(アントン・イェルチン)を誘惑して血を吸って殺してしまうのでした。「クリムゾン・ピーク」よりもトムヒ様が色っぽいのは本作という情報を手にし、鑑賞してみたわけですが、本作の方はどちらかというと抑えた色気ってやつですね(バックショットからの尻もないし)。私はエロスはわかりやすくないとダメな野暮天なので、やっぱり「クリムゾン・ピーク」の方が好きかな。

ミアちゃんが殺したイアンの遺体を始末したアダムとイヴは、デトロイトからタンジェに高飛びします。イヴが電話で切符を予約するんですが、ファーストクラスをリクエストしているんですね。そのお金はどこからでてくるのでしょう?アダムはミュージシャンみたいだけどイヴはどうやって生計を立てているのか?それとも貴族っぽいから財産を切り崩しているんでしょうか。個人的にはイヴのタンジェの家にあった刺繍がついたベッドリネンとカフタン風の部屋着が素敵ポイントでした。ああいうのが欲しいです。

飛行機で移動の際は血を携帯出来ないので、かなり飢えた状態でタンジェに着いた二人はイヴの血を用立ててくれたマーロウ(ジェフリー・ライト)に会いに行きますが、彼は亡くなってしまうのでした。ウイスキーの携帯ボトルに入れた最後の血を代わる代わる飲むアダムとイヴ。しかし摂取量が足りていないのでだんだん弱って来ます。タンジェの街角で力もなく座り込む二人・・・。ところが逢い引きをしているローカルの恋人たちを見つけて、背に腹は代えられぬと襲いかかる二人なのでした。オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴって言ってるけど、恋人たち死んでるじゃん!って一瞬思いましたが、もちろんラヴァーズというのはアダムとイヴのことなのでしょう。

キャストは皆好きな人で魅力的だったけど、正直言ってあまり面白い映画ではないですね・・・。出演者誰かのファンじゃないければおすすめはしません。劇中に血を凍らせて作ったアイスキャンディーが出て来るのですが、ラズベリーのアイスキャンディーみたいでしたな。赤ワインだったりトマトジュースだったりラズベリーの氷菓子だったりと、なんか血っぽいものが欲しくなる一本でもあるのでした。


『The Forest』記憶に残るのはエビのみ





日本の富士山の裾野に広がる青木ヶ原樹海が舞台とのことで、チェックしてみました。主演はナタリー・ドーマー。私が観ている映画では「ラッシュ/プライドと友情」でクリへム様のお相手をしていたり、「悪の法則」でブラピのお相手をしていたりしている「スターのお相手女優」というイメージがあります。愛嬌があって魅力的な女優さんなんですよね。前にも書いたけど、海外ドラマ「アリーmyラブ」のアリーの秘書で、カラオケやダンスが大好きなエレインを演じたジェーン・クラコウスキーに感じが似ていると思います。

そんなナタリー・ドーマー扮するサラが、日本の青木ヶ原樹海で行方不明になった双子のジェス(同じくナタリー・ドーマー)を探しに行くというホラー映画です。演じるのはどちらもナタリー・ドーマーだけど、サラはブロンドでジェスは黒髪なので見分けがつくという設定になっています。双子の片割れジェスは日本の高校で英語教師をしていたのですが、富士山の下に広がる青木ヶ原樹海に足を踏み入れてそのまま行方不明になったということ。一卵性双生児ならではの直感でジェスが助けを求めていると察したサラは、彼氏の制止を振り切って日本へ向かいます。


※以下、ネタバレします。


日本キター!!!ってことなんですが、渋谷や新宿の路上で撮影されていて、私は郷愁をかき立てられます。カラオケやファストフードの無秩序に並ぶ看板、すれ違えない程道幅の狭い歩行者用の道、そんな雑多な雰囲気さえも懐かしく、エキゾチシズムをかきたてられてしまいます。サラは東京を彷徨い「ロスト・イン・トランスレーション」な感じを味わうのですが・・・。そもそも失踪した家族を探しに来た旅なので、彼女の顔は険しいままです。ネガティブな日本描写、出るかな出るかな~とちょっとドキドキしながら観ていたら、やっぱりデター!!!

寿司屋に入ったサラは、カウンターに座っています。職人さんが「ヘイお待ち!」と寿司下駄を出すと・・・そこに乗っていたのはまだピチピチと動くエビの頭とシッポ・・・。「あら活きがいいわね」と思うでしょうか?でも、それが実にゲテモノっぽく撮られているんですよね。確かにピチピチと動く間隔が細かくてちょっと気持ち悪いんですよ(海外人気の高いホラー映画「オーディション」で切り取られた舌がピチピチと動いているシーンを思い出した)。「ヒッ!」とひるむサラ。「し、死んだのを下さい!」と言うんですが、それをカウンターに座っている他の日本人客が排他的な視線込みで笑っているというシーンがありました・・・。はあ~、やっぱり出ちゃった日本ディス。しかし、世界中に普及したスシが今さら気持ち悪いってセンス古くね・・・?とも思います。

サラは東京から富士山のふもとへ移動。青木ヶ原樹海の最寄り駅にある観光案内所に立ち寄ります。そこの地下は霊安室になっており、樹海で見つかった自殺者が一時的に安置されているのでした。しかしジェスの遺体はそこにはありませんでした。しかし観光案内所のおばちゃんもそこの娘も普通の日本人にしちゃ英語上手だな。サラは居酒屋(「やきそば」とか食べ物の名前が書かれた提灯が室内に置いてある妙なインテリア)で、オーストラリア人のジャーナリスト、エイダン(テイラー・キニー)と知り合います。エイダンは土地の事情に明るく日本語も少し話せます。サラは双子を探しに来た自分のことを記事にする約束で、エイダンと一緒に樹海へ入ることにしたのでした。

この肉厚バディな男優、どこかで見たことあるなあと思ったら、ガガ様の婚約者のテイラー・キニーですよ。私が観た映画では「The Other Woman」というBSOL映画でキャメロン・ディアスの相手役をしていました。そして、樹海のガイド役ミチに小澤征悦です(小澤さんはもちろん英語が流暢)。翌日、ミチを雇ったエイダンとサラは樹海に入るのですが 、ミチは行方不明の双子探しには否定的です。ここは自殺の名所であり、気をしっかり持っていないと、悪いスピリットに足下をすくわれっぞ!みたいな感じ。ちなみに、青木ヶ原樹海という設定の森は本当の樹海ではなく、セルビアの森なのだそうです。日本政府から樹海での撮影許可が降りなかった為の処置だとか。許可が降りないって大人の事情でしょうか、それとも危険だから?もしくはその両方?気になります。でも本物の樹海でなくても、薄暗く不気味な森の感じはまあまあ出ていたと思います。

森の中で三人は首つり死体を見つけます。死体を樹から下ろすミチとエイダン。怖いな、怖いな~。だって普通に歩いていたら自殺した人の遺体がある森なんて、恐ろし過ぎる・・・。その後、サラは森の奥深くでジェスのテントを発見します。中には見覚えのあるジェスの荷物、近くには彼女の洗濯物も干してありました。ここで待っていたらジェスはやって来る !ということでサラは残ることにします。ミチから反対されますが、エイダンもサラと残ることに。明日の朝またやってくると言ってミチは森から出るのでした。

・・・とまあ行方不明の双子を探しに来たわけですが、盛り上がるのはここまで。後はB級ともなんとも形容し難いホラー?てかそもそもこれホラーなの?という残念な映画です。サラとジェスの双子は幼い頃に両親が亡くなっているんですが、ジェスだけがその現場を目撃していたんです。だからジェスにはダークサイドに引き寄せられる性質みたいなものがあって、樹海に来た・・・みたいな回想があるんですね。サラとエイダン二人のキャンプシーンが延々と続きますが、信用出来る男だと思っていたエイダンが実は・・・みたいなくだりもあったりして、なんだったら心霊よりもそっちの方が怖いわと思いました。

サラは夜、森の中でホチコ(この名前は・・・?)という制服姿の女子高生と出会います。彼女はジェスの教え子で、ジェスの居場所を知っていると告げるのでした。女子高生ホチコは幽霊であり、おそらくジェスももう死んでいるのではないかと思っていたのですが、実は彼女は生きていたのです。それが判明するまでに森の中でサラが悪いスピリットに追いかけられたり、転んでケガしたり、穴の中に落ちたりとドタバタしますが、ここが本当につまらない。怖くもないし、ヒロインを応援したくもならないんですね。ナタリー・ドーマーは愛嬌のある女優さんと書きましたが劇中ではずっと追い詰められている顔をしているので、彼女のファニーな持ち味が全然活かされていません。

結局、行方不明になっていたジェスは無事で、探しに行ったサラが青木ヶ原樹海の悪霊にとらわれて命を落としてしまうという入れ替わりの話でした。姉妹の運命を隔てていたと思われる両親の事故にみせかけた自殺は一体なんだったのか?禍々しいものを全部目撃したジェスの方がピンピンしていて助かっていて、よくわかりません。捜索隊の中にははるばる駆けつけたサラの彼氏もいましたが、これはサラの彼氏に横恋慕したジェスがサラ破滅の為に仕組んだことで実は影でほくそ笑んでる→邪悪な双子の片割れ!みたいな話でもなかったし(そうだったとしても、どうやって悪霊をコントロールするんだってことですが)。しかし危険をおかして樹海にやってきた優しいサラがなんか気の毒という感じでもなく、結局はガイド小澤征悦が散々警告したにもかかわらず、それを聞かなかったアホなガイジン二人が樹海で無理やって自滅・・・という話なのでした。

・・・つ、つ、つ、つまらない・・・!!!せっかくの妖しい魅力に満ちた青木ヶ原樹海が可哀相!もったいない!そして筆者の心に残ったのは、寿司下駄の上でピチピチと動く切り離されたエビの頭とシッポとのみいう映画なのでした。エビのこと書いてたら、寿司が喰いたくなったわい!ということで、アカデミー賞が終ったので、名作続きの映画鑑賞はひとまず落ち着いた感じです。これからは、新作をチェックしながら、見逃していた旧作、駄作っぽいけどな〜んか気になるものをバランスよく観て行きたいものです。



『イットフォローズ』誰も「イット」からは逃れられない・・・






結構前に観たのですが、アカデミー賞関連の映画の感想を優先していたら遅れてしまいました。セックスを体験した女の子が、それ以来「イット」に追いかけられる・・・というホラー&青春映画です。

ゆっくりと静かに、でも確実に追って来る「イット」(中年を過ぎた人間の形をしている)はとても不気味です。不気味だけど片目が半熟卵のようにデロ~ンとたれていたり、腹から勢い良く内蔵が飛び出ているわけではない(それはゾンビか)。ビジュアル的には貧相な裸だったり病院のパジャマみたいなのを着ていたりして地味なんですが、遠くからジリジリと距離を狭めて来る。「イット」に感染した人は、また誰かとセックスして「イット」をうつしてしまえば大丈夫ということなんですが・・・。誰かにうつせば大丈夫、というのは貞子が出て来る呪いのビデオみたいですね。

確かに「イット」は不気味だけれども、それ以上に私の印象に残ったのが青春映画としての瑞々しさとフラジールさが溢れているシーンの数々です。簡易プールにボンヤリと浮かぶ水着の女の子、アイスクリームショップで働いている友達、アッコちゃんのコンパクトのようなデバイスで小説を読むメガネ女子、散らかってるけど居心地の良さそうなティーンネイジャーの部屋、溶けかけたアイスクリーム、暇つぶしに玄関先でたむろしてソフトドリンクを飲む夜、真夜中の公園、廃墟になった空き家、湖畔のようなところでキャンプ、可憐な野の花、半地下の様なところにある青く沈んだスイミングプール・・・と、なんだかノスタルジックさをかきたてられるディティールが記憶に残るのです(もちろん、その間も「イット」は追って来るのだけど)。お洒落な青春映画と言えば、ソフィア・コッポラの「バージン・スーサイズ」ですが、それに通じる感じがあると思いました。

「イット」の正体はよくわからないんだけど、なんとな~くボンヤリとですが、若く美しい盛りの子にヒタヒタと迫って来る「老い」とか「死」への恐怖を表現している?と感じました。「老い」や「死」はゆっくりだけど、確実にやってくるってところが同じですよね。しかしヒロインたちはまだハイティーン。ちょっとそれを考えるには早すぎるんじゃないの?とも思います。筆者はこの子達と同年代の頃に、親から「年金はちゃんと払っておきなさい」って口酸っぱく言われてたけど、まさかその頃は自分がおばあちゃんになるなんてあり得ないと思ってましたよ。でもまあ若くてピチピチしている子たちと、「老い」そしてその先 にある「死」を対比することによって強いコントラストを作っているのかもしれませんね。あなたの後ろにも「イット」が・・・!と考えると、イットから逃れる術はないだけに、何よりも恐ろしいのかもしれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。