@itan-journ@l praha

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーゲン戦利品 2016年冬



2016年冬のバーゲンの記録です。


ザラのコート



・コート(ZARA)

正確にはクリスマスに買ってもらいました。写真を探しましたが、すでにオフィシャルサイトからはなくなっていたので似た様なコートの写真で・・・。グレーのツイードのコートが欲しかったのでちょうどよかったです。そして、この国でザラのバーゲンは12月27日からだということがわかりました(一昨年も去年もそうだった)。しかしザラは他のブランドみたいにあんまり値下げを積極的にしてませんねえ。Promodの気前の良さを見習って欲しいです。


2016バーゲンその2


・ワンピース×3(Promod)


Promodのセールはなんと今年はクリスマス前から始まっていました。早い!このワンピースはみんな同じパターン、カッティングです。確か半額の500コルナ(2500円)くらいだったかな。最初に真ん中の柄ワンピースを試着して、首の開きとかフィット感が気に入ったので色違いで黒いワンピースを二着買いました。リトルブラックドレスはずっとずっと欲しかったんですよ。一着はベルベットでバレエとかオペラとか観に行くとき用(そんなに頻繁に行きませんが、今まで一張羅のワンピースを毎回着用していたので・・・)。もう一着は普通の化繊で普段使い用です。私は米澤よう子さんのパリジェンヌ本の大ファンなんですが、本によくリトルブラックドレスのシーン別着こなしみたいな提案が載っているんですよね。そんな風に楽しめたら良いなと思います。



2016バーゲンその1


・シャツ (Promod)

ミーティングなどでちょっとシュッとした格好をしたいとき用に買いました。シルエットがとても綺麗で5キロくらい痩せてみえます!(当社比)。これも半額で400コルナ(2000円)くらいでした。

・ミラーワークの付いたシャツ (MANGO)

はい、出ました、エスニック!ミラーワークが付いたとなれば買わない訳にはいかないでしょう。もちろんインド製です。でも秋冬物だからシックにベースは黒。半額で500コルナ(2500円)でした。これで大好きなパラクパニール(ほうれん草とカッテージチーズのカレー)を食べに行きたいと思います・・・。

以上、2016年冬のバーゲンの記録でした。

以前に買って良かった冬の定番という記事を上げました。来年こそは買いたい、Glen Princeのカシミヤストール。今はチェックが気になっています。



         




スポンサーサイト

買った/もらったもの 2015 秋冬



2016年の映画に行く前に、2015年の秋冬のファッション備忘録です。


2015その1



・ダルメシアン柄のグローブ(gloves)

数年前から欲しかったglovesのダルメシアン柄の手袋をついに買いました!といっても去年の冬の終わりにバーゲンで買ったので、約一年ほど前の話です。半額で1万円くらいでした。glovesのハラコグローブは大好きでレオパード柄も持っています。このお洒落な手袋の凄いところは普通の地味カジュアル服が一気に格上げされることです。一回、駅で知人と待ち合わせして慌てたせいで片方落としてしまい、そのままその場を立ち去りそうになったことがありました。幸い気が付きましたが、ああ恐ろしい。以前スーパーでレオパード柄も同じく片方落として、親切なおじさんに拾って頂いたことがありました。どちらの柄も、もし片方だけになったらもう一度買う、それくらい気に入っています。楽天でのお取り扱いはこちら→<WINTER SALE>【アウトレットセール】Gloves グローブスダルメシアンハラコ×ラ…

・ゴールドのピアス(ノーブランド)

義理の母マミンカからのプレゼント。近所の宝石屋さんで 買ったもので、ノーブランド。パッと見た時は「あ~、好みじゃないわ・・・」と思ったものの喜んでつけました。マミンカ曰く「一ヶ月以内だったら同じ店にある別の同額商品と交換可能だから、気に入らなかったら言って頂戴ね」ということだったので、夫を通じて頼もうと思っていました。「デザインはいいけど、 私には(強調)似合わないんです」ってことで・・・あくまで非は似合わない私にあるというアピールのつもりです(笑)。その間にマミンカから食事に招待されたので、このピアスをつけてみたんですが意外とイイ!私はボタンタイプの耳たぶ内に収まるピアスや、ゆらゆら揺れる大ぶりのものは持っているんですが、耳たぶからちょっと出る感じのものは持ってなかったんですね。さりげないけどピアスして るって感じが出ますよ。ちょっとカタい席にもつけられそうなので交換しないことに決めたのでした。人からのプレゼントでお洒落の幅が広がった好例かもしれ ません。

・バケットバッグ(Vigneron)

これもマミンカから。黒いレザーのバケットバッグがずっとずっと欲しくて「これこれこういうバッグが欲しいんだけど、どこにも売ってない」と言っていたらクリスマスプレゼントに買って来てくれました。デザイン、大きさ、ハンドルの長さとすべてが理想通りで狂喜乱舞しました。マミンカのセンス、あなどれない!




2015その2


・デニムシャツ(Promod)

夏のバーゲンがだいぶ後半になったころにゲットしましたが、前の記事に間に合わなかったのでこちらに記録。割引率が思ったよりも低くて少し考えましたが、結局購入しました。確か3000円くらいだったかな。私はシャツカラーが似合わないんですよ。なんか顔が地味だからかシャツカラーを着ると信金の制服みたいになっちゃうのです。サイズ36なんだけど、胸元の開きが思いのほか大きくて「やはりフランスの服だのう・・・」と思ったのでした(Promodはフランスのファストファッションブランド)。だから下に長袖のカットソーを着てレイヤードアイテムとして使用しています。


・ライトダウン(MANGO)

帰省した時にユニクロで買おうと思っていたのですが、忘れてしまいました。MANGOでまるっきりユニクロみたいなダウンが売っていたので購入。確か日本円にして8,000円くらいだったと思います。プロパーで買ってしまいました。ライトダウンはヨーロッパでも受け入れられたらしく、EUからの観光客も旅先で急に寒くなった時のアウターとして活用している様 子。しかも質感的に「ユニクロだよね?」というものを着ている方も多いです。軽くて暖かいのもいいし、付属の巾着の中に入ってポータビリティーに優れているというのもいいですね。話は変わりますが、イラストレーターの米澤よう子さんのパリジェンヌ本が大好きです。刊行されたものは全部持ってて引っ越し先にも持って来たのですが、3~4年前の本だと「ダウンはモコモコしてるしスタイリッシュじゃないから、パリジェンヌ的にはノン!」みたいなことが書いてあるんですね。しかし、この数年で劇的に改良されたダウンのお陰で今年刊行された本には、ユニクロとまでは書いてないけどライトダウンのシーン別着こなしが載ってました。パリジェンヌ的にウイになったライトダウン、だから筆者も 買ったというわけではありませんが(照)。ちなみに右端に映っているのは壁に貼った黒猫のステッカーです。



2015その3


・エプロンドレス(ヴィンテージ)

ローカルのヴィンテージマーケットにてゲット。店主曰く、別々の服からテキスタイルをカットしてリメイクしたものだとか。でも作りかけ・・・。しかし可愛かったので買ってしまいました。150コルナ(@750円)だったけど、作りかけだったから値切ればよかった・・・。しかも試着をせずに買ったので家に帰って小さいことが判明。どーすんのこれ・・・ということで姪っ子に譲ろうと思います。夫曰く、このワンピースのテキスタイルはチェコの民族衣装的なものなんだそう。だからきっと姪っ子の方が似合うでしょう。

・アフリカンテキスタイルのトップ(ヴィンテージ)

同じくローカルのヴィンテージマーケットでゲット。200コルナ(@1000円)でした。ヴィンテージものを買うのは15年振りくらい。昔はお金もないしファストファッションもなかったので「センスと時間を使ってお洒落なものを探す!」と張り切り、週末は渋谷の古着屋の棚に埋もれていたものです。当時はTシャツをよく買ってましたね。アメリカの子供がサマーキャンプで着てた様なTシャツ(「オレゴン サマーキャンプ 88」 みたいな文言入り)を見つけてはよく着ていました。古着のTシャツって生地がいい感じにクタっとしてて着心地もよかったのです。15年ぶりの古着、タグを見てみたらナイジェリアのものだとわかりました。




・リュックサック (ハーシェルサプライ)



仕事用に、そのまま書類をザッ!と入れられるリュックを探していた時に見つけました。どうやらカナダのリュックサックメーカー、ハーシェルサプライはこの国でも流行っているようです。ちょっときれい目な学生風の人が男女問わずよく持っています(ハーシェルといえばコレ、のダブルベルト使いの大きなリュックを持っている人が多い)。ローカルの小売店で1500コルナ(7,500円)でした。夫は私がコレをしょってると「高校生みたい」と言って敬遠しますが、女子からは「カワイイ!」と評判です。

以上、2015年の秋冬の記録でした。



2015年の春夏に買った(もらった)もの


中国チュニック


・中国の刺繍が入ったチュニック


よく行く名画座の隣にあるカフェで購入。その日はカフェでイベントがあったらしくお洒落な格好をした女の子たちが集まっていました。カフェの隅にはハンガーラックや箱が置いてあり、フリーマーケットが開かれていたのです。お洒落な女の子たちによるフリーマーケットだったで、品物もちょっと洒落たものばかり。このフリーマーケットは値段をお客さんが付けるシステムで、収益はすべてドメスティックバイオレンスなどを受けている女性たちの支援に使われるそう。民族チックな刺繍が入ったチュニックを目ざとく見つけ、確か150コルナ(約750円)を募金箱に支払いました。家に帰ってみて着てみると、スケスケでベージュやモカ色の下着を着てもまだ透けている状態。可愛いのに困ったな・・・という感じですが、そのうちに私もコレをフリーマーケットを出すかもしれません。


ZaraTシャツ


・Tシャツ(ZARA)


寝間着代わりに使っていたマレーシアで買ったTシャツ(かなりボロボロ)に、いつの間にか夫が噛んだチューインガムがベッタリとついていて洗濯しても取れないので文句を言ったところ、新しいのを買ってくれると言うことになり選んだのがコレ。プロパーで450コルナ(約2,250円)くらいでした。前にもこういうレンガ色というか芥子色のチュニックを買ったけど、どうやら今年の私はこういう色が好きみたいです。夫からは「なんでいつもジャガイモの袋みたいな色の服買うの?」と言われますが・・・。


Promodチュニック


・チュニック (Promod)


柄が可愛いと思ってプロパーの頃から狙っていた一着をセールでゲット。800コルナ(4,000円)が半額の400コルナになっていました。こういう7分袖のブラウスは、曖昧な気温のときには重宝します。こちらの夏は30度を越したと思ったら、急にその半分の15度に下がったりとジェットコースターのよう。そのため体調を崩したり、寒暖差アレルギーというのを発症してくしゃみが止まらない人も少なくないのだとか。急に暑くなったり寒くなったりするため、日本のように明確な衣替えという作業は必要ないようです。



モロッコバッグ


・モロッコのバッグ


ドイツのバビーチカから譲り受けたバッグ、もとはモロッコに住んでいた別のバビーチカから彼女へのお土産だったと思われます。A4サイズが入るけど、ファスナーが閉まらないのがご愛嬌。民族っぽいけどカッチリしたスクエアな形のミスマッチが気に入っています。友人からも可愛いと褒められましたが、ガンガン使っているうちに上部の縫い目がほつれて来ました。革製品って普通に針と糸で修繕していいものなのだろうか・・・。



パシュミナ


・ドバイのパシュミナ

仕事でお世話になっている方からのドバイ土産で頂きました。その方曰く、ドバイはパシュミナが安くて豊富なんだそうです。ペールカラーに大きなローズの柄という私のテイストとは全然違うロマンティックなものなのですが、巻いてみるとシックリくるらしいのでなんだか不思議です。ストールやマニキュアなどは今まで持ってなかった色などをもらうことがありますが、こういった他人のプレゼントによっておしゃれの幅というものが広がって行くのかなあと思います。


Mangoチュニック

・フォークロア刺繍のチュニック(MANGO)

路面店ではなくショッピングモールの中のMANGOで購入。バーゲンで半額になっており 599コルナ(@3,000円)で購入しました。これで一体何枚目だというくらい、刺繍のチュニックを買い続ける私・・・。おそらく一生買い続けるのでしょう。いつかコレクションをお見せしたいです。このチュニックはちょっとヨーロッパっぽい刺繍でチェコの民族衣装にも通じる感じがします。前から思っていたのですが、チェコはもっと刺繍ブラウスをたくさん作ってお土産として売るべきです。魅力的な商品なんだし、地方の地場産業も潤うし、いいことばかりじゃないですか。


Zaraコート


・コート (ZARA)


暖かいウールのコートなんですが、おそらく春物ということらしくバーゲンに出ていました。2,799コルナ(@14,000円)が1,800コルナ(@9,000円)になっていました。白いウールのコートは前からずっと欲しかったので商品的にはノーマークでしたが見つけたときは嬉しかったです。何故かと言うと、3月4月に暗い色のコートを着たくないから・・・。この時期は日差しは春なのに気温はまだ冬並みというお天気が多く、そんなお天気の下に暗い色のコートは似合わないし、暗い色にももうウンザリしてきているからです。これは真っ白なので汚れるのが少し怖いですが。



Zaraワンピ


・芥子色のワンピース(ZARA)

出た、またまた芥子色!プロパーのときから可愛いと思っていたワンピースをゲットしました。999コルナ(@5,000円)が699コルナ(@3,500円)でした。ザラはいきなり半額というわけにはいかないようです・・・。でも狙っていたからいいのです。袖の刺繍部分から肌が見えるようになっていてヌケ感があります。最近ようやっとわかって来たこの「ヌケ感」というファッション誌頻出用語。要は少し肌を見せて重くなり過ぎるのを防止するってこと・・・ですよね。代表的なのが長袖にショートパンツ、長ズボンにサンダル、みたいな。決してオッチョコチョイのことではないのです。




Zaraワンピ2


・パッチワークのワンピース (ZARA)

これもプロパーから狙っていたものを見事ゲット。値段と割引率は上の芥子色ワンピと同じでした。パッチワークひとつひとつの柄は、東欧ぽいフォークロアな感じですが全体を引きで見るとなんとなく私の心の故郷、東南アジアぽいと思います。とても軽いので水着の上に着るビーチドレスとしても使えそうです(って書いてるけど、ビーチなんて次にいつ行けるのだろうか・・・)。


Zaraチュニック


・デニムとレースのトップ(ZARA)

同じくプロパーから狙っていたものです。799コルナ(@4,000円)が499コルナ(@2,500円)でした。デニム地にレースの刺繍(これも隙間から肌が見えるようになっている)が可愛い!!!しかも私の好きなバタフライ袖(二の腕ガード)。ベタにボトムもデニムにして茶色やベージュの革で出来たショルダーや サンダルを合わせたいです。



ミニバッグ


・お散歩バッグ

友人が手作りしたミニバッグをバザーで買いました。お値段100コルナ(@500円)で、収益はチャリティーに寄付されます。小さいのにシッカリと内ポケットも付いていてなかなかの優れものです。そういえば、会社で働いていたときはこういう布製の小さいバッグにお財布と携帯を入れてイソイソと出かけていたっけ。今は日光浴兼散歩をしに近くの公園に出かけていますが、そのときに使おうと思います。白と赤と青は、チェコ国旗に使われている色でもありますね。


さて、そろそろ日本へ帰省する時期がやってきました。日本ではどんなものを買ってしまうのでしょうか・・・?

冬バーゲンで買ったもの 2015

冬のバーゲンで買ったものの記録です。プラハの冬バーゲンは12月27日くらいから始まっていました。例によってファストファッションづくめですが・・・今回はザラ。もうザラは私の中でファストファッションではなく、そこそこお値段のするモードを意識したお洒落なお店という地位を確立してしまいました。しかし最近ザラを見直している人が私の周りにも・・・。いつも日本のおされセレクトショップでインポートブランドばかり買っていた妹までもが「ザラ最高!」と言っていました(前はバカにしていたくせに何故・・・)。今回のバーゲンは思ったより買ってしまって、ちょっと自分でもビックリ。しかも大物アウター2点買いですからね。コルナはx5をすると@日本円になります。



冬バーゲン


・トレンチコート
(ZARA)2,499コルナ→1,499コルナ

トレンチコート は膝下ロング丈とバルキーなフードのついた変形タイプを持っているんですが、膝上丈のコンパクトなやつが欲しくてずっとずっと探していました。プロパーのころから「いいかも・・・」と思っていた品がバーゲンで買えて満足です。なんで膝上丈が欲しくなったかというと、ローカルの女の子がトレンチをワンピース風に着てたんですよ。それがすごく可愛くって・・・外見の大いなる違いはあれど「俺、これ、欲しい」(くどいですがキムタク風)となったわけです。小さめな作りなんですが袖のカッティングがなんだか子供服っぽい感じになっていて、そこも可愛いです。色はもっと薄いベージュが欲しかったけど、他のトレンチコートがそんな色なのでまあいいか。

憧れの女優トレン チコートといえば、ミニ丈だと「シェルブールの雨傘」のカトリーヌ・ドヌーヴ様。ロング丈だと「僕の妻はシャルロット・ゲンズブール」のシャルロットです。特にこの映画のシャルロットは素敵。長身にロング丈のトレンチを合わせてショルダーバックを下げて、長い長いIラインを作っていました。髪はボサボサだし中の服は普通のトップとパンツ(たぶんグレーか黒)なのにものすごく素敵。さすがの一言です。




冬バーゲン2

・黒いコート(ZARA)2,799コルナ→1,999コルナ

アウターばかり買ってしまい、玄関ホールのハンガーラックには数多あるアウターが並ぶ私。我が家に遊びに来た人も驚くくらい日本から連れて来たんですが、なんとベーシックなの黒いウールのコートは持っていなかったので買い求めました。フードが付いててウエストシェイプされ てて少しガーリーな印象です。フードというのがこの国では大事なわけで・・・なぜなら傘をさす習慣があまりないので雨天時の傘かわりにもなるし、寒い時にかぶったりするからです。日本にいたときよりフードをよく使うようになりました。なるほどフードというのは飾りじゃなかったのか・・・と改めて思うのでした。





冬バーゲン4


・ニット (ZARA)  899コルナ→599コルナ

去年はほとんどニットを着なかったのですが、寒い今年はニットばかり着ています。白と黒がごま塩のように混じった色は何気に気に入っており、コットンセーターでも同じような色を持っています。このごま塩カラーは結構使い勝手がいいんですよ。さっそくヘビロテ中です。




冬バーゲン3

・チュニックブラウス
(Promod) 799コルナ→250コルナ

昔、日本のザラで買ったレンガ色のチュニックブラウスに取れない油染みを付けてしまったので、似た様なものを探して買いました。これだけPromodです。拙ブログを読んで下さっている方はご存知かと思いますがPromodは日本未上陸のファストファッションチェーンです。フランスのチェーンなのでフレンチカジュアルな洋服が多くてよく覗きに行きます。着やすい服が多い一方で「こんなの誰が・・・?」という奇抜な色合いのものもあったりして面白いです。ファストファッションなのに店員さんが話しかけて来たり試着室の外で待っててコメントしてくれたりして、なかなか接客とサービスに力を入れているようです。あとPromodではニット帽を買いました(299コルナ→200コルナ)。


こうしてみると、ちょっとミーハ ーに流行を追い求めていた時期は終わり、私は普通の服を求めているんだなあ・・・というのがよくわかります。今年はどんな服との出会いが待っているのでしょうか。



特別編:今後欲しいもの


・ミリタリージャケット

ミリタリージャケットが去年から欲しくてずっと探しているのですが、デザイン値段ともに中々しっくりくるのが見つかりません。既にフード付きでカーキ色の長めコートを持っているのですが、夏にも使用出来る軽くサッと羽織れるやつで、襟がジャケットみたいになってて、中で身体が泳ぐくらい余裕のあるものを探し中・・・。

ガーリーなワンピースに羽織るという甘辛ミックスではなく、写真のように黒いスキニーにベーシック色のロゴTやシャツを合わせたシンプルスタイルで着てみたいですね。口紅とネイルを赤にしてポイントとした大人カジュアルに憧れます(イメージ的にはグウェン・ステファニ姐さんみたいな・・・)。




・スリッポン

こちらも去年からずっと欲しかった一品。ヒールなしのバレエシューズを良く履いていたのですが、もっとマニッシュなフラットシューズが欲しいと思って探していました。しかし中々コレといったものが見つからず・・・。色々と探していたけど、やっぱりバレエシューズと同じくテッパンのレペットなら間違いなさそうです。レペットはダンスシューズブランドだけあって履き心地が最高だし、素足で履いても痛くならないので大好きです。

スリッポンはクロップ丈のパンツと合わせて軽快な春の足下を作りたいですね。色は基本の黒をと思っているのですが、ベージュぽい色もあれば便利かも。

買って良かった冬の定番〜Gren Prince、UGG、Gloves

以前、自分では買わないけど貰ったら嬉しいものとしてメイソンピアソンのヘアブラシのことを書きましたが、そのときに「クダラナイものばかり買ってないで、ずっと使える定番品にお金をかけるべきだった」と嘆きました。フルタイムで働いていた時は後先考えず「欲しい!」と思ったら買ってしまっていたのですが、そんな中でも「あ〜コレ買っといてよかった」と思える、プラハにも持って来ているモノがあります。それが表題にあるモノたちです。

暖冬だった去年と比べると極寒に感じられる今年の冬。自宅の玄関ホールで手持ちのアウターを並べてファッションショーをしていました。アウターなんてそのままバっと羽織るだけ、と思っていたんですが帽子、手袋、マフラー、ブーツの組合わせで全然印象が変わるんですよね・・・。合わせ方ひとつで野暮ったくもなるしこなれカジュアルも見えることは発見でした(今頃気が付いたのか・・・という感じですが)。そんな取っ替え引っ替えの中「防寒的にも合わせ的にも、グレン・プリンスとUGGとGlovesは外さない」ということに改めて気が付いたのでした。


二〜三年前イエナをぶらぶらしていたときに「使えそうなストールでも買おうか」と何の気なしに買ったのが始まりでした(写真の値段表示よりもずっと安くて、確か3.5万円くらいだったような・・・もしかしたら品番が違うのかも)。グレン・プリンスはスカーフやショール、マフラーを中心に展開しているイギリスのブランドなんだそうです。ちなみに私のはスコットランド製と書いてありました。カシミヤストールの素晴らしさは軽くて暖かいことと、肌触りが良いことです。肩に羽織ったときの心地よさは、まるでイケメンから「寒くないかい・・・?」とふんわり抱きしめられている様です(爆)。ストールは大きいのでマフラー風に首に巻いても、肩にかけても心地よく暖かい!外だけで使うのがモッタイナイので私は室内でも寒い時に羽織ったり、膝掛けにしたりしています。色はベージュと黒を愛用していますが次はグレーが欲しくなってしまいました。



いまさら説明は不要、オーストラリア生まれのムートンブーツ。色んなブランドがありますが、私はUGG派。ベイリーというボタン付きのモデルを皮切りに、この暖かさと履き心地の良さにハマり、クラシックショートという写真の丈のモデルを黒、ベージュ、グレーで揃えてしまいました。しかしグレーは実際に履いたところどうも似合わなくて(可愛いと言うよりもゾウの足みたくなってコミカルだった)、誰かにあげてしまいました。靴はほぼ黒だけどUGGでは黒よりも活躍するのがベージュです。ミルクティーみたいな色も暖かそう。ベージュのUGGには入れあげてクラシックトールという長い丈のモデルも買ってしまいました。クラシックトールはさすがに重装備過ぎるのか、父親から「南極観測隊」と言われてしまいました。でもムートンなので雨や雪の日には絶対履いてはいけません!濡れた部分が染みになってしまいますよ。



最後の定番は、イタリアのGlovesというメーカーのハラコのグローブです。地味で重くなりがちな冬スタイルは、手袋を派手にしてアクセントづけするのが自分的にここ数年のブーム。レオパードのハラコグローブを探していたら楽天のショップで発見して「まさにこんなのが欲しかったのよ!」と買い求めました。数年前に買って愛用しているのですがコレが可愛くてしかたありません(使い込んでハラコが部分ハゲになってたりするのですが・・・)。友達からも褒められます!ハラコ部分が可愛いのはもちろん、ライナーの肌触りも良くて最高です。レオパードの次はダルメシアンが欲しいな、欲しいな〜と数年前から思っているのですが、まだ手を出せないでいます。皮の手袋なのに今年のはスマホ対応ということで、年々進化してるんですね。Glovesの他のデザインも普通なんだけど品があって可愛いんですよ。ただブランド名が一般名詞過ぎて、検索に色んなモノが引っかかって来るのが玉にキズです(笑)。



冬のバーゲンが待ち遠しい今日この頃です。

自分では買わないけど貰うと嬉しいものについて

クリスマスが近づいて来ました。最近タイトルのようなキーワードで拙ブログに来て下さる方が多く、時節を感じます。プレゼントは何を買えばいいのか悩みますよね。かく言う私もその一人。リクエストを聞かないで贈る場合は本当にどうすればいいのか難しいです。この場合、個人的にNGだと思うのが洋服や装身具の類。よほど贈る相手の趣味と、プレゼントとかち合わない様なその人の所持品を把握してないと難しいのではないかと・・・。それが趣味に合わないものだったりすると残念なオブジェとしてクローゼットに残るか、セカンドハンドに売られるといったことになってしまいますからね。

ということで女性向きですが「自分では買わないけど貰うと嬉しいもの」についていくつか挙げてみました。これらは私の欲しいものでもあるんですが、ひとつのアイディアとして備忘録も兼ねて記録しておくことにします。こうしてアイテムを見てみると、私が欲しているのは「上質な日常」というやつなのでしょうか・・・。

・高級ホームフレグランス


身体に直接つけるパーソナルな嗜好品である香水を贈るのは難しいけど、ホームフレグランスだったらきっと喜ばれると思います。香りは重くて濃厚なものより万人受けするアッサリめの香りの方が無難なような。いずれにしても貰った人が気に入らなかった場合はおトイレの芳香剤として活躍するでしょうから・・・(笑)。しかしここで大事なのは合成香料ではないものを選ぶことです。天然のものは香りがまろやかだし長持ちしますからね。デュランスのホームフレグランスは自宅でも使っていましたが2〜3ヶ月持ちました。ほとんど液が蒸発したあとも香っているので今はクローゼットに入れています。ちなみに引き出しに入れるサシェは半年以上持ったと義理の祖母が言っていました。デュランスは出来る限り有機栽培された原料を使っているので、その辺にこだわりのある人に喜ばれるのではないかと思います。チェコには直営店がありませんが、ビオのスーパーにデュランスのトワレやサシェなどが売られています。ホーム系のプロダクトも気になるけどバスグッズやスキンケアも気になる・・・。でも継続して使用する消耗品としてはちょっと高いかな〜という印象です。



・高級アロマキャンドル

自分で買わないけど貰ったら嬉しいものと考えて一番に思いついたのがアロマキャンドルでした。それも高級でお洒落な。ヤンキー(アメリカの大衆的なアロマキャンドルブランド)のキャンドルなんて絶対にダメです。アロマキャンドルは見た目も色々。アヴェダのようにガラスに入ったナチュラル系のものからラデュレのようにロココ貴族趣味のものまであるので、お相手に合わせて選ぶことも出来ます。香りも色々ですが、やはりリラックス系のものが無難でしょう。すべての用事を終えて寝る前にアロマキャンドルを灯し、読書をするのは至福の時間。不思議なもので火を見ていると心が落ち着いて安らぎます。DNAに深く刻まれた太古からの記憶でしょうか・・・。フランスの田舎から届けられた様なナチュラルな佇まいに心も和みます。



・高級バスソルト


恐らく貰って嫌な人はいないのではないかと思われるのがバスソルト(自宅にバスタブのある人限定)。お風呂場は最短距離で行けるリゾートでありサンクチュアリなのです。そういえば昔フィトメールとかリヨメールとかブルターニュ系の痩せるバスソルトをバケツで買っていました。あれものすごく高いんですよ。ただ海水を乾燥させた後の塩なのに1キロかそこらで1万円くらいするんです・・・。結果?うーん痩せたような痩せなかったような・・・。でも発汗効果がすごくてデトックスにはなりましたよ。しかしあまりに不経済ということで、普段使いはクナイプのバスソルトに落ち着きました。さて、バスソルトと一口に言っても様々な種類がありますが、ここはリラクシング系統が無難でしょう(スリミング系統を贈ると「私デブってこと・・・?」というあらぬ誤解を招きかねません)。エルバビーバは日本でも定番になったオーガニックのブランドで、ボディ&バスグッズが豊富です。バランスというこの商品はリラックス系ですが、PMS時期や産前産後とデリケートなときに効くバスソルトなんだそうです。リラックス+@機能というのがいいと思います。しかし楽天で公式ショップの約半額以下で購入出来るとは・・・。




・高級バスマット


お風呂上がりの素足が最初に触れるバスマット。それが柔らかく心地よいオーガニックコットンの高級品だとしたら、どんなに贅沢な瞬間でしょうか・・・。なんてことを書いていますが、我が家のバスマットはMUJIとIKEAのものです。特にIKEAのなんて、300円くらいのバスマットで吸水性が悪くて悪くて仕方ありません。ほとんど濡れた足が床の上で滑らないためのマットとしてしか機能していないのです。まあ安かろう悪かろうで仕方ないのですが。しかし探せば高級なバスマットってあるもんなんですね。このお値段でアウターが買えてしまいますよ。このアビスアンドハビデコールというブランドはポルトガル生まれ。リッツカールトンやドバイの一流ホテルでも使われているのだそうです。ということは、手に入れれば自宅が高級ホテルのバスルームに?見た目も素足を優しく包んでくれそうなフッカフカの高級バスマット、一度でいいからそのふみ心地を味わってみたいです。



・高級ヘアブラシ

私が最初にメイソン・ピアソンを知ったのは雑誌オリーブだったような気がします。そのあとソニア・パークさんのショッピングガイド本でもたしか紹介されていたのを見た様な・・・?「ヘアブラシ界のロールス・ロイス」とうたわれる名品なんだそうですよ。創業1862年、イギリス製と聞いただけでそのへんに弱い人はクラっときてしまうかも。そんなに古いってことはシャーロック・ホームズも使っていたかもしれないってことですからね。なんでこんなに高価なのかと言うと、北インド産の高級なイノシシの毛を使用し、職人さんが一本一本手作りしているから。使い心地は残念ながら知りません。しかしレビューを読むとツヤが出てサラサラになるそうです。モデルや女優さんにも愛用者多数だとか。ブラシの毛の堅さや大きさによって種類が分かれています。色は定番の黒、白、水色、ピンクなどがありますが、やっぱり黒でしょう。黒いボディに刻まれた金色のメイソン・ピアソンロゴに伝統を感じます。しかし流行ものの服などをストレスにまかせて買うよりも、こういう高級定番ものにこそお金をかけておくのだった・・・と今になって思うのでした。


買ったものの記録〜2014夏と秋

夏と秋に買ったものなどの記録です。細かいもの等は省略し、主なものだけ記録することにします(面倒くさいので写真は実際のものではなく楽天のアフィリエイト画像です)。



・ドクターマーチンの8ホールブーツ


今年の春先からずっとずっと欲しかったマーチンのブーツをついにゲット。マーチンといえば「5時に夢中!」視聴者の方は野犬ファッションでおなじみの恋愛相談師マーチンさんの方が頭に浮かぶと思います(笑)。プロパーだと二万円を越えてしまうのですが、楽天で安いお店を見つけたので思い切って買いました(写真のお店です)。こういうブーツは冬が長い国に住んでると、本っ当に使えるんですよ。パンツでもスカートでもいいし、夏はショートパンツに合わせたりしても可愛い。セレブの愛用者も多いようで、彼女らの私服画像は参考になります。




・オーバルフープピアス(Salt)

自分への誕生日プレゼントとして購入。オーバル型のフープピアスは前にジューシーロックで買ったものがあったんだけど、もう少しボリュームがあるのが欲しいな〜と思って買い求めました。私はメタルにアレルギーがあって14金以上のゴールドコーティングじゃないとダメなんですが、こんなにお手頃価格でゴールドコーティングのお洒落なものが手に入るとは!毎日のようにヘビロテしています。SaltさんのHPには丸顔の人はオーバルタイプ、卵形の顔の人はサークルタイプのピアスがいいとアドバイスがあったんですが、まさにその通り。ミートボールみたいに丸顔の私にはオーバルがドンピシャリでした。このSaltさんというお店は他にも なかなか良さそうなものがいっぱいで、これからもチェックだと思ったのでした。
Karine.png

・Karine Sultanのピアス (画像はHPからお借りしました)

これも自分への誕生日プレゼントとして購入。こちらでは欲しい服が全然売ってないので、ピアスでお洒落を楽しむといった感じになっています・・・。あ~、イエナやドゥーズィエムクラスでお買い物した〜い(お金ないけど・・・)。Karine Sultanは一年ほど前から気に入っているブランドで、以前も自分へのご褒美として二つ購入しました。しかし今は楽天にほんのちょっとしか取り扱いがない!その為Karine Sultanのサイトで通販してみることにしました。無事商品も届けられ一安心。このピアスは思ったよりも小さかったけど、スクエア型がずっと欲しかったのでまあ良し。しかしKarineもピューター(錫)ベースの金コーティングでこれだけお手頃なのが偉いです。このピアス、なんとたったの30ドルですよ!これからもKarineは要注目です。Karineのサイト、アクセサリーを実際につけたときのサイズ感がわかる写真がないのでちょっと微妙!と思って注文のときにお店に言ってみたところ、今後サイトをリニューアルするそうでそのときに改善されるとのこと。今度はカフタイプのブレスレットが欲しいです。

Karine SultanのHP

関連記事:Karine Sultanのピアスが気に入ってしまった件について


冬+春夏バーゲンで買ったもの 2014


今年の初春から初夏にかけては学校が忙しかった為、あまり服を買いに行けませんでした。しかし今あるもので着回せるものです。なんとかなるものなんですね。雑誌の一ヶ月コーデだって厳選したアイテムで手を替え品を替え色々な着こなしを見せてくれますし(雑誌はプロのスタイリストさんですが)。

こちらに来て思うことですがプラハの人(特に女性)は、お天気と温度に沿った服を着るのが本当に上手です。プラハの春から夏は寒かったり急に暖かくなったり、はたまた暑くなったりまた寒くなったりと実に安定しないお天気のことが多いんですね。春めいた日差しだけども空気は寒い、そんな日は淡い色のスプリングコートをしっかりと着込んで靴はブーツ。太陽全開で気温も上昇し一気に夏モードになったらベアトップのマキシワンピにサンダルのリゾートスタイル。でまた曇って肌寒くなったらパンツスタイルに革ジャンを羽織りストールを巻く・・・。目まぐるしく変わる天候にもかかわらず気温にピッタリあったスタイリングをしている方が多いので、本当に感心してしまいます。

私は一応天気予報をチェックしてはいるのですが、いったんブーツをしまったらもう出したくないし、素足モードになったらもう靴下は履きたくないという順応性に欠けるタイプ。そのためプラハの気まぐれお天気に対応出来ず、春なお天気のときに暗い色のコートとブーツだったり、冷えるお天気のときにアウターなしのサンダルばきだったりとチグハグな格好をしてしまいます。朝のトラム停留所でお天気に対応したファッションのプラハ女子を見て「しまった・・・」と思うことも多いです。


さて、晩冬から初夏にかけて買ったものの記録です。


HM手袋

・リアルレザーの手袋(H&M)

冬の最終バーゲンで買いました。プロパーのときから狙っていた、H&Mのリアルレザー手袋。プロパーでは600コルナ(@3,000円)だったので少し迷っていたのです。色は黒、ブルー、カーキがあって、やっぱり黒が一組あると便利よね~と思ったもののプロパーで買うのは惜しくて、そのまま忘れていました。気温が20度を越えた3月のある日、200コルナ(1,000円)になっているのを発見。残念ながら黒羽なかったけど、迷わずゲットしました。リアルレザーなんですけど、やっぱり1万円程する手袋とは皮のなめらかさが全然違って少しゴワゴワします。ライニングもカシミヤなどではなく普通の布だし。でもいいのです。だってシェンエンなんですから!寒さが緩んだ時期は7分袖 のコートを着て、手袋をはめて手首のあたりを見せたスタイリングが楽しめます。私、ちょっとオードリー・ヘプバーンみたい?と勝手に妄想する朝の通学電車なのでした。



promod.jpg


・綺麗目なTシャツ(promod)

白いトップが欲しいと思い、ザラやH&MやMANGOを回りましたがピンと来るものがなく・・・。期待せずに入ったpromodで見つけました。正確なお値段は忘れちゃったんだけど、500コルナ(2,500円)くらいだったかな。これだけがプロパーです。前見ごろはポリエステル(でもシルキーは肌触り)後ろ見ごろはコットンで、なかなか凝っています。暖かい日は日差しも強く、もう黒や濃い色を着ているのが恥ずかしくなるくらいです。もっと白系アイテムを投入したいと思うのでした。


バザーのコート


・ Pコート (Keith)

バザーにてなんと20コルナ(@100円)でゲット。かなりゴワゴワしてて古いコートですが、ボタンをはめずにサッと羽織ったらなかなかイイ感じで「まるで大昔から着てたみたいに馴染んでる」と言われたので買いました。そういえば、Pコートは実家にも一着置いてあるんだった・・・まあ不要になったらまたバザーに出せばいいか(笑)



MANGOブラウス


・刺繍シャツ (MANGO)


MANGOのバーゲンでゲット。一目惚れです。899コルナ(@4,500円)が33.37パーオフ(なんでこんな中途半端な割引率なんだろうか)の599コルナ(@3,000円)でした。こういう長袖のシャツは通年で着られるから本当に便利です。シャツカラーが似合わない私は丸首とかに走ってしまうんですが。トライバルな刺繍が好きなのは相変わらずです。下はデニムでもいいし刺繍糸の色とリンクしたクロやエンジのパンツを合わせると都会的なエスニックスタイルになる・・・と勝手に思っています。



MANGOワンピ


・ワンピース (MANGO)


夏用のペラペラしたワンピースはいっぱい持っているんだけど・・・50パーオフだったので買ってしまいました。1,199コルナ(@6,000円)が599コルナ(@3,000円)はオトクです。風を通すファサッとしたシルエットで、これなら食べ放題に行ってもたくさん食べられそう(笑)。涼しくなったらレギンスを下に履いたりしても良さそうです。製造国は私が好きな国、インドでした。


HMスカート


・ミニタイトスカート (H&M)

久しぶりにスカート購入。たぶん5年ぶりくらいではないのか・・・。クラスメートの女子が柄ミニタイトに無地のシャツをインして着ていたのが可愛くて、年甲斐もなく真似をしてしまいました。300コルナ(1,500円)が200コルナ(@1,000円)。よく見ると割引率はそんなに高くありませんね。ミニだけどタイツを履くのでたぶん大丈夫です(なんの申告だ)。


あとは日本でクオリティーが高くてお洒落で素敵なバーゲンのお洋服を買います!あと今更だけどミニ丈でコンパクトなトレンチコートとGジャンが欲しくなってしまいました。素敵な出会いがあれば良いですが。

Karine Sultanのピアスが気に入ってしまった件について

Karine Sultan

金属を打ちつけた質感も味わいがあるKarineのピアス。


久々にお買い物ネタです。最近は少し存在感のあるピアスがマイブーム。普段着やシンプルな服に存在感のあるアクセを合わせると、途端にお出かけっぽくなるから重宝しています。

なかでも気に入っているのが、Karine Sultan(カリーヌ・スルタン)というブランドのピアス。例のごとく楽天のジューシーロックさんで見つけたのですが、洗練された民族っぽさがツボでした。フランス人のジュエリーデザイナー、カリーヌさんがアメリカで展開しているブランドでハリウッドセレブの愛用者も多いのだとか。なるほどフレンチなモードっぽさとアメリカンなカジュアルさが絶妙な感じです。ニッケルフリーで大きなゴールドコーティングのパーツを使っているのに、お値段がお財布に優しいのも魅力です。

前はバイボーみたいな繊細な作りのピアスが好きでしたが、どうやら私は夫に「ハワイ人みたい」と言われるどちらかと言うとプリミティブな風貌をしているので、こういうちょっとゴツめのアクセサリーの方がしっくりくるようです。5メートル先からも付けてるのがわかるような大きめのピアスでないと、なんだか最近は落ち着きません。

小さなパーツを繋げたストレートなピアスは某資格試験合格のときの自分へのご褒美に、オーバルのパーツを繋げたピアスはチェコ語の試験をパスしたときの自分へのご褒美として買いました。オーバルのピアスは「007 スカイフォール」のボンドガール、ベレニス・マーロウが日本プレミアのときに着用していたんだそうです。ボンドガール、意外と安いアクセサリーをつけるのね・・・(まあ可愛いのですが)。セレブってみんなショパールとかブシュロンとかを付けているのかと思いました。

次のテストのご褒美にもまたカリーヌのピアスを買いたいと思っているのですが、ジューシーロックではあまり取り扱いの幅がないのが少し残念です。もっと色々な種類を仕入れて欲しいなあ〜。カリーヌさんの公式サイトでも通販出来る様です。

youtubeで見つけた、カリーヌさんのビデオ。




Zara, Promod, H&M・・・ファストファッションで冬のバーゲン2014


プラハ編に入る前に、冬のバーゲンで買ったものの備忘録です。もちろんチェコ国内で手に入るファストファッションです!秋冬ものこそ、お洒落なものがいっぱいある日本で買いたいんですけどねえ・・・。

冬バーゲンショルダー

・ショルダーバッグ(ZARA)


この冬バーゲンで一番気に入っているのがコレです。本革のショルダーで、2499コルナ(@12,495円)が1499コルナ(@7,495円)でした。トラムの停留所でモッズコートに黒いショルダーバッグを合わせているプラジェンヌを見て「なんかいいな~」と思い購入しました。シンプルで端正なルックスが最近のセリーヌみたい・・・って勝手に思っています。中は3つに仕切られており、ファスナーつきのコンパートメントがあるのでセキュリティーも安心です。しかしカーフレザーがトゥルトゥルで本当に気持ちがよいのです。



冬バーゲンニット  


・ニット(Promod)


今期のバーゲンは昨年よりも早く、すでにクリスマス前から始まっていたところも。Promodも早々とバーゲンをしていたので友人Iが来る前に覗いてみました。799コルナ(@4,000円)が半額になっていたので迷わずゲット。色違いで黒も欲しかったのですが大きいサイズしかありませんでした。黒いクルーネック、去年から欲しかったのに未だに買えていません・・・。



冬バーゲンチュニック


・チュニック(Promod)


999コルナ(@5,000円)が、なんと70パーオフの299コルナ(@1,500円)でした。ビーズと刺繍が付いたトップは私の大好物。袖に装飾が集中しているのが気に入ってゲットしてみたものの、私はサーモンピンクが似合わないのでした。やっぱり合わせるのはデニムですかね。白いボトムを合わせたら夏っぽくなりそうなので、ちょっと考えてみます。




冬バーゲンスヌード


・スヌード(Promod)スヌード(ZARA)


キラキラしたスヌードはPromodで(499コルナー>300コルナ)。白黒のスヌードはZARAで(399コルナー>199コルナ)ゲットしました。スヌードは本当に便利です。こなれた雰囲気を出せるし、極寒時はきつめに巻くと暖かいし風にも吹き飛ばされません(プラハはあまり寒風吹きすさぶという感じではありませんが)。プラジェンヌは寒い気候のせいか、帽子やスヌード、手袋の使い方が上手な人が多い印象です。色で遊んだりしてアクセントにしているおしゃれさんを見かけると思わずじっと見てしまいます。



冬バーゲンニット帽
 

・ニット帽(Promod)


どちらも399コルナ(@2,000円)が200コルナ(@1,000円)でした。よく 見るとラメが編み込まれていて可愛いです!出番はどちらかというと白の方が多いですね。全身が暗めの色のときに頭に明るい色を持って来ると、全体が締まるし、視線が上にいくのでスタイルがよく見えるんだそうです。



冬のバーゲン5ユーロワンピ

・ワンピース(H&M)


ウィーンのクラシック内装をそのまま活かしたH&Mで購入。なんと14.5ユーロが5ユーロになっていました。夫に5ユーロだと見せたら驚いていたので、ドケチなチェコ人もびっくりするくらいのバーゲンだったのかも・・・。ちなみに友人Iは似たような黒のワンピースを7ユーロでゲットしていました。このワンピースは5ユーロではありますが生地の肌触りがとても良いです。シンプルなのでベルトや大きなピアスや長いネックレスででアクセントを付けて着ようかなと思っています。



冬のバーゲンロングスカート


・ロングスカート(ZARA)


そういえば黒いロングスカートを持っていなかったと思い、春夏でいいのがあったら買おうと思っていたのですがZARAのバーゲンで良さそうなのを発見したので買いました。300コルナ(@1,500円)でゲット。前中央にドレープが入っていてIライン効果も期待できそうです(写真では見えませんが・・・)。肌触りはいいのですが、薄いので完全に夏服ですね。Tシャツを合わせて普通に着ます。



冬バーゲンGravis

・リュックサック(Gravis)

これはバーゲンではないのですが楽天から買って、友人Iに運んでもらったものです。学校で使用する教科書、ドリル、そしてプリントの束を運ぶにはやっぱり背負うのが一番!今までケイト・スペードのトートバッグを使ってきましたが、それだともう腕がちぎれそうになるんですよ。それがリュックにしたとたんにグンと楽になりました。Gravisは、アメリカのカジュアルブランドみたいです。なぜこのリュックにしたかというと・・・収納力が優れているからです。パソコン用の深いコンパートメントに保冷/保温機能があるコンパートメント、鍵や小物用のポケットetc... そして決め手になったのは、隠しポケットの存在です。

中谷美紀さんのインド旅行記で、背中側にポケットがあるリュックを購入したというくだりがあったので「ほほう、世の中にはそんなものもあるのか」と思っていたんですね。リュックが必要になり「どうせ買うなら中谷美紀が言ってたようなリュックが欲しいな」と思い、色々と探したんですけどなかなか見つからないのです。世界ふしぎ発見のミステリーハンター、竹内海南江さんのブランド、Kananaからは背中側ポッケがあるリュックが出ているのですが、私が持つには可愛過ぎるデザインなので、ちょっとな~と思っていました。

そこでまた色々探してみたところGravisに辿り着いた訳です。シンプルで機能的。色は当然黒!ということで誕生日プレゼントとして夫に買ってもらいました。モノが ザクザク入るので帰省(手荷物は重量チェックされないので重いものを入れて運ぶため)や旅行(重い一眼レフを入れるため)にも活躍しそうです。このリュックでまたインドに行きたいな。

このyoutubeがかなり詳細にスペックを説明してくれていて、購入の決め手になりました。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。